伊佐雄治シルクスクリーン版画展 野の形象

2012/5/30-6/4 artTruth
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20120530日 -  20120604
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    最終日は17:00まで
    クリエイター在廊

    未定
    入場料
    無料
    この情報のお問合せ
    art Truth
    tel 045-263-8663
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    art Truth
    住所
    〒231-0023 神奈川県
    横浜市中区山下町112-5 日絹パークビル1F
    最寄り駅
    元町中華街
    電話番号
    045-263-8663

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    野の草木や花をイメージした抽象版画作品展です。
    センスの光るすてきなシルクスクリーン作品約20点展示いたします。

    ~作品展に寄せての作家の言葉~
    「野の形象」
     「野」とは一般的には自然の広い平地、また山裾の傾斜地のことです。そして「野鴨」「野文」のように、ある語に冠して「野生の」「正式でない」などの意を添えます。さらに建築で「野桁」といえば、外から見えない桁を指します。このように日本語には「野」の付く言葉が沢山あり、その意味も使い方も多用で、そのことによって日本人の「野」に対する深い思い入れを知ることが出来ます。
      いうまでもなく、今回の主題である「野の形象」は、必要条件としての自然の形を拠り所にした表現を指していますが、たとえば前述の用例に加え、「野掛」や「野礼」などの言葉も含めて、「野」に付加される充分条件としての情緒や他意性を内包しています。
      技法として用いているシルクスクリーン印刷は、極めて合理的かつ平板な版式で、本来は寸分違わない多数の複製物を刷るのに適していますが、私は、そんな版式の特性を逆手にとって、小数枚、あるいは一枚に限定した版画を制作することで作品の差別化を目指しています。また、最近のシルクスクリーン印刷では、安全面や利便性を優先して水性インキを使うことが常になりましたが、私は印刷本来の味わいと表現の多様性に惹かれ、今でも油性インキを使って制作しています。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。