回帰:recurrence 花岡伸宏 展

  • 印刷する
会 期
20120602日 -  20120617
開催時間
11時00分 - 19時00分
最終日は18:00まで
休み
月曜日
入場料
無料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]
京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48
三条ありもとビル[ル・グランマーブル カフェ クラッセ]2F
Tel・Fax:075-231-0706
HP:http://www.galleryparc.com
Mail:info@galleryparc.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery PARC
住所
〒604-8165 京都府
京都市中京区烏帽子屋町 502 2F〜4F
最寄り駅
烏丸
電話番号
075-231-0706

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2012年6月2日から17日まで「回帰:recurrence 花岡伸宏」展を開催いたします。

花岡伸宏(はなおか・のぶひろ/広島・1980〜)は、2006年に京都精華大学大学院を修了後、近年までおもに木彫による作品を制作・発表しています。
2009年には「第12回岡本太郎現代芸術賞展 特別賞」を受賞するなど、その特徴的な作品はこれまでにも多くの注目を集めています。

「飯の棒」が木彫の人物像に捻り込まれて貫通し、仏像の上部はバネに引っ張られ、少女像の左肩はずり落ちて飯の塊に突き刺さり、開けられた穴からは押しピンを含んだ糊状の物質が押し出される……。おもに木や樹脂を用いた花岡作品の多くには、まるで無関係な要素や何らかのアクションの痕跡をもコラージュされています。

花岡は木彫という制作時間を要する方法論を用いながらも、このコラージュに周到な配慮とスピード感をあわせ持たせます。
素材の持つテクスチャや触感、大きさや色、あるいは臭いや食感といった鑑賞者の記憶や経験まで、背景や文脈の異なるそれぞれの要素はそれぞれの存在感やフォルムなどとともに、相互に特定の文脈や意味を持たないよう花岡により選び出されたものであり、それぞれが絶妙な差異とバランスを保ちながらひとつのカタチに統合され、なお「意味を持ち続けない」極めて特異な状況をつくり出していると言えます。

鑑賞者は作品を前にした時、一見するとそのトリッキーなユニークさに驚き、思わず笑みを浮かべるかもしれません。
しかし、事態を掴みかねながら目を凝らし、思考を巡らせ、困惑するうち、次第にその思考はどこか無意味なものであるかのような感覚を覚えるとともに、目の前の「得体の知れない」コトにいつしか不安や恐れすら感じることもあるのではないでしょうか。

様々な要素を見極め、彫り出し、削ぎ落とし、ひとつの造形に統合する花岡の作品を前に、目の前の事象が時にまったく違って見える・感じるような、ショッキングな作品体験ができるのではないでしょうか。

主催・協賛・後援

Gallery PARC

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。