KAGAYA 星空の世界 天空の贈り物

《銀河のともし灯》 ©KAGAYA

《銀河のともし灯》 ©KAGAYA

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20240501日 -  20240701
開催時間
10時00分 - 20時00分
*入館は閉館の30分前まで。
*そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入場料
有料
一般1,400(1,200)円、大学・高校生1,200(1,000)円、中学生以下無料
※( )内は、前売および以下をご提示の方の料金です。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
045-465-5515 [美術館直通]
情報提供者/投稿者
開催場所
そごう美術館
住所
〒220-8510 神奈川県
横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店6階
最寄り駅
横浜
電話番号
045-465-5515(美術館直通)

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

空を見上げることをきっかけに広がる世界は、果てしない―
写真作品約100点と、16mの巨大映像で体感する天空の世界
世界中をかけめぐり、絶えず変化する星空を絵や写真、映像やプラネタリウム番組などさまざまなかたちで表現するKAGAYA。天文普及にも力を注ぎ、人々に星空の魅力を伝え続けています。
本展では、KAGAYAの代表的な写真作品、新作32点含む約100点を、「四季の星空」「月のある空」「オーロラ」「天の川を追う星の旅」「一瞬の宇宙」、そして新章「天空を映す」のカテゴリーに分け、一挙に展示いたします。あわせて本展では、KAGAYAが撮影した迫力あふれる新作映像作品を体験できるコーナーを新設。美しい音楽とともに、16mの大画面で放映いたします。
美しい写真や、臨場感あふれる映像作品を通して、はるかなる星空の世界をお楽しみください。

KAGAYA(カガヤ) プロフィール
©KAGAYA1968年、埼玉県生まれ。星空写真家、プラネタリウム映像クリエイター。天空と地球が織りなす壮大な奇跡を、デジタルアートやプラネタリウム番組、あるいは写真など、さまざまなアプローチを通して表現し、世界中の人々を魅了する。その創作はまず絵を描くことからスタートし、2006年にはプラネタリウム番組「銀河鉄道の夜」を発表。「銀河鉄道の夜」は国内をはじめ欧米・アジアで累計100館を超えるプラネタリウムで上映され、観客動員数100万人を突破し、今も動員記録を更新中。2010年、デジタル一眼カメラの飛躍的な性能の向上をきっかけに、暗い星空と風景を短時間(数秒~30秒)で撮影するという現在のスタイルを確立。本格的に星空写真家として活動を始める。 星空写真は小学校理科の教科書にも採用され、また写真を投稿発表するX(旧Twitter)のフォロワーは90万人を超える。画集・写真集・フォト エッセイ集・入門書など著書多数。天文普及とアーティストとしての功績をたたえられ、小惑星11949番はKagayayutaka(カガヤユタカ)と命名されて いる。花巻イーハトーブ大使。
X(旧Twitter) :@KAGAYA_11949 Instagram:@kagaya11949

主催・協賛・後援

主催:そごう美術館
後援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
協力:株式会社河出書房新社、コニカミノルタプラネタリアYOKOHAMA、ソニーグループ株式会社
特別協力:株式会社広済堂ネクスト
協賛:株式会社そごう・西武

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。