「東海道五十三次」で旅気分 ー富士に琳派に若冲もー

展覧会メインビジュアル

展覧会メインビジュアル

openstatus
あと145日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20240609日 -  20241208
    開催時間
    9時00分 - 17時00分
    入館は16時30分まで
    入場料
    有料
    一般・大学生:2800円(2550円)、小中高生:1800円(1550円)
    ※( )内は前売り料金。前売り券は、主要コンビニエンスストア並びにチケットぴあにて販売
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    岡田美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    岡田美術館
    住所
    〒250-0406 神奈川県
    足柄下郡箱根町小涌谷493-1
    最寄り駅
    小涌谷
    電話番号
    0460-87-3931

    詳細

    展覧会内容

    前期 2024年6月9日(日)~9月12日(木)
    後期 2024年9月13日(金)~12月8日(日)

    2024年は、東海道五十三次の最後の宿場・庄野宿(しょうのじゅく)の完成から400年、また箱根駅伝第100回という節目の年にあたります。これを記念し、東海道第十の宿場であり、最大の難所として知られた箱根に位置する岡田美術館(館長・小林忠)では、6月9日(日)~12月8日(日)まで、歌川広重「東海道五十三次」(保永堂版(ほうえいどうばん)を中心とした特別展を行います。
    この作品が今なお高い評価を得ているのは、四季折々の美しい景色はもちろん、各地の名所・名物の情報を盛り込み、登場人物を生き生きと描くことで、旅への憧れをかき立てる点にあります。東海道の旅を夢見た江戸の人々もまた、絵を眺めては空想をめぐらせ、家に居ながらにして旅気分を味わったのでしょう。
    本展では、富士山を描いた絵画の名品や、京都の人気絵師・伊藤若冲と円山応挙、広重と同時代を生きた江戸琳派の鈴木基一らの作品(約30件)もあわせて公開。江戸から京都まで、展示室で旅気分をお楽しみいただきます。

    ※「東海道五十三次」全55枚は、前期・後期に分けて展示します。

    見どころ1 琳派に応挙、若冲も!江戸時代の美術と楽しむ東海道 ーゴールの京都に若冲登場
    江戸時代は、絵画・工芸ともに豊かな個性をそなえた画家・作家が全国各地で活躍し、ジャンルを問わず多彩な作品が生まれた時代でした。「東海道五十三次」に加え、江戸と京都を中心に、江戸時代の美術の中から東海道にちなんだ作品を展示します。
    京琳派のスター・尾形光琳の実弟である尾形乾山のやきもの、江戸琳派の酒井抱一と弟子の鈴木基一、京都の人気絵師・伊藤若冲や円山応挙など、華やかな顔ぶれが揃います。

    見どころ2 富士山と行く、東海道五十三次の旅 ー長さ約9m!横山大観の大作「霊峰一文字」も特別公開
    「東海道五十三次」全55図のうち、神奈川県から静岡県に及ぶ7図に富士山が描かれます。その大半は白い雪をかぶった神々しい姿で、旅人たちを遠くから見守るように表されます。今も昔も万人に愛され、尊敬を集める富士山に注目し、さまざまな表現により霊峰を描いた作品をご紹介します。

    見どころ3 名所旧跡からグルメまで、旅情報が盛りだくさん ーガイドブックとしての魅力に迫る
    「東海道五十三次」には、古くから親しまれた名所旧跡をはじめ、鳴海宿の有松・鳴海絞(染物)、鞠了宿のとろろ汁といった各地の名産品も描かれます。当時の人々は、豊富な情報とともに広重の版画を楽しみ、旅気分を味わったことでしょう。本作のガイドブックとしての性格に注目し、絶大な支持を集めた理由を探ります。

    【特集展示】源氏物語の世界
    平安時代中期(11世紀)に紫式部が著した『源氏物語』は成立当初から好評を博し、「源氏物語絵巻」(12世紀)をはじめ、さまざまな形で絵画化されました。とりわけ江戸時代には、分かりやすい注釈を加えた書物やパロディ本が出版され、公家や武家だけでなく庶民にまで浸透したことから、美術においても多彩な作品が生まれています。本特集では、『源氏物語』にゆかりのある絵画・工芸作品10数件により、「源氏物語の世界」をお楽しみいただきます。

    関連イベント

    ■講演会『北斎と広重』
     2024年7月27日(土)13:00~14:30
     講師:小林 忠(岡田美術館館長)★

    ■関連講座『絵を読む楽しみ-ガイド本としての「東海道五十三次」-』
     2024年10月5日(土)13:00~14:30
     講師:稲墻 朋子(岡田美術館学芸員)

    ■関連スライドトーク『旅の終点・京都でやきものを楽しむ一仁清を中心に-』
     2024年9月21日(土)13:00~14;00
     講師:塩谷 尚子(岡田美術館学芸員)

    ■館長によるスライドトーク
     2024年6月20日、8月22日、9月12日、10月17日、11月14日
     いずれも木曜日13:30~

    ■学芸員によるギャラリートーク
     2024年6月21日~11月29日 毎週月・金曜日 11:00~
     月曜:常設展示、金曜:特別展『「東海道五十三次」で旅気分』

    ★マークのついた【講演会】のみ事前申し込み(0460-87-3931)が必要です。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。