レガシー ―美を受け継ぐ モディリアーニ、シャガール、ピカソ、フジタ

アメデオ・モディリアーニ 《若い女の胸像(マーサ嬢)》 1916 年- 1917 年頃

アメデオ・モディリアーニ 《若い女の胸像(マーサ嬢)》 1916 年- 1917 年頃

openstatus
あと24日後に開催
    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20240618日 -  20241013
    開催時間
    10時00分 - 17時00分
    入館は16時30分まで
    毎月第1金曜日は19時00分まで(入館は18時30分まで)
    休み
    月曜日
    月曜日が祝日の場合は翌平日休み
    入場料
    有料
    一般 1,200円、25歳以下 500円、高校生以下、障がい者手帳をお持ちの方 無料
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    松岡美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    松岡美術館
    住所
    〒108-0071 東京都
    港区白金台5-12-6
    最寄り駅
    白金台
    電話番号
    03-5449-0251

    詳細

    展覧会内容

    20世紀初頭、フランス国内外の芸術家が集い、国際的な芸術の中心地となっていたパリでは、数々の造形的実験が試みられました。従来の規範を逸脱していった彼らの多くは、時代や場所を越えて表現の可能性を模索し、押し拡げ、次の世代へと繋ぎました。
    本展では、当館のコレクションから総勢20名を超える作家たちの作品をご紹介します。パリに集った多くの異邦人からなるエコール・ド・パリ、前衛的な表現を探求したフォーヴィスムやキュビスム、シュルレアリスム、そして日本からパリに渡った作家たちの多彩な表現をご覧ください。

    さまざまな造形的実験をご紹介
    1900年代はじめのパリでは、従来の規範を超えていこうとする芸術家たちが、さまざまな造形的実験を試みました。彼らは、自分たちの先達だけでなく、西洋の外側の文化を、時代を越えて参照しました。また、芸術の都といわれたパリには、世界各地からアーティストたちが集います。当時のパリでは、国境、そして時代を越えて文化の交流が起こり、多様な表現が生まれました。本展は、当館コレクションから総勢20名を超える作家たちの作品を一堂に会し、彼らの制作動機に迫ります。過去から未来へと受け継がれていったさまざまな「レガシー」を感じ取っていただければ幸いです。

    表現の解放

    20世紀初頭、新たな表現の探求の口火を切ったのは、フォーヴ(野獣)と評された作家たちでした。彼らの激しい筆致で描かれた作品は、驚きと動揺をもって受け止められました。
    ある批評家にフォーヴと形容され、その動向はフォーヴィスムとして知れ渡りますが、彼らは明確な理念を掲げ、結束して活動したわけではなく、フォーヴィスムと呼びうる激しい表現が一つの傾向として見られたのは、わずか数年間にすぎません。客観的にリアルに描くという西洋絵画の伝統からの離脱を印象派からさらに推し進めた彼らは、その後、それぞれに表現を探求することになります。
    本展では、フォーヴィスムに大きな影響を与えた新印象派の画家、ポール・シニャックとアンリ=エドモン・クロッスの作品を起点に、モーリス・ド・ヴラマンクやキース・ヴァン・ドンゲン、ラウル・デュフィら、フォーヴと呼ばれた作家たちの作品をご紹介します。

    国境と時代を越えて

    19世紀からすでに、東洋やアフリカの植民地の美術品や工芸品がヨーロッパで広く知られるようになっていました。物珍しさから西洋人の興味を引いていたそうした造形物は、単なる異国趣味を超えて、芸術家たちを引き付けていくことになります。社会的動乱の中で、多くの芸術家が西洋の外側の文化に眼を向けました。
    パリはまた、世界各地の芸術家が目指す芸術の中心地でもありました。モディリアーニ、キスリング、シャガール、フジタといったエコール・ド・パリと呼ばれる異邦人の作家たちは、生活に苦しみながらも、それぞれの表現を追い求めました。
    彼らの多くは、国境だけでなく、遠く離れた時代の造形も重要な参照源とし、美を継承していきました。本展では、数々の文化交流から生まれた多様な表現を松岡コレクションからご紹介します。

    関連情報

    会期中、「唐三彩 ―古代中国のフィギュア―」を同時開催、および通年企画として「古代エジプトの美術 平穏と幸せへの願い」を開催します。

    同時開催「唐三彩 ―古代中国のフィギュア―」
    唐時代には、唐三彩俑や加彩俑といった、カラフルで生命力に溢れる造形のフィギュアをお墓に入れる風習がありました。これは古代中国で、死後に新たな暮らしが始まると考えられていたためで、セカンドライフのお供として従者や馬、駱駝、牛などのフィギュアをお墓に入れたのでした。今回は三彩馬をはじめとする唐三彩や加彩のフィギュアを展示し、その魅力に迫ります。

    通年企画「古代エジプトの美術 平穏と幸せへの願い」
    厳しい自然環境、病気や戦争といったさまざまな試練をうけながらも古代エジプト人は、多くの神をよりどころとして日々の暮らしの安寧を求め、来世での復活を願いました。冥界の神オシリス、猫の頭を持つバステト女神など人々の心を支えた神々の小像を展示します。

    常設展示
    古代オリエント美術
    古代ギリシア・ローマ彫刻
    ガンダーラ・インド彫刻
    ヨーロッパ近代彫刻(ブールデル、ヘンリー・ムア、エミリオ・グレコ)

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。