木口木版画の新たな試み 斎藤 修 展

  • 印刷する
会 期
20120515日 -  20120527
開催時間
11時00分 - 19時00分
日曜日は17時迄
休み
月曜休廊
クリエイター在廊

5/15(火)・19(土)・20(日)・26(土)・27(日)
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
tel:06-6311-5380
e-mail: info@yart-gallery.co.jp
情報提供者/投稿者
開催場所
ワイアートギャラリー
住所
〒530-0027 大阪府
大阪市北区堂山町15-17 アクトスリービル1F
最寄り駅
梅田
電話番号
06-6311-5380

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

斎藤修氏は、数少ない木口木版画の第一人者であるとともに、その主題の選択や創造哲学に
際立った独自性を持つ作品を生み出してきています。
このたびは宇宙の根源である原子の生成と消滅を現した作品を多色で表現する事に挑戦しました。
木口木版画独自の魅力である精緻な彫りで表現するモノクロームの世界から、丹念に彫りの中に
絵の具をつめ分け1版多色技法により、原始の粒子がきらめく宇宙を作りました。

 木口木版画は、一本の木を横に輪切りにし、目のつんだ堅い木口面の中央部分を版の材料として使い、銅版画と同じビュランやノミで彫っていきます。
制作時間もかかり、古い樹齢の椿や柿,ツゲなどの材料の調達が難しい木口木版は制作する作家が
僅かになっており、美術系大学でもこの教科がない学校も最近はあります。
こんな状況を打破するため、今回は作品展示とともに「斎藤 修木口木版制作記録 25分」を作成、貴重な斎藤氏の技術、彫り・摺り・仕上げの工程を接写し会場で観て頂きます。
 また、版木や彫り道具、摺り道具などを齋藤氏より提供願い、展示いたしますのでぜひこの機会にご高覧ください。
 斎藤 修氏は島根県三隅町に1946年に生まれ、30歳のころより、独学で木口木版画の制作をはじめ、素晴らしいと思える木口木版画を見つめ、研究し、克己努力と多くの作品の創造を重ねた末、4年後に日本版画協会主催、第49回版画展で初入選を果たします。
遅まきの出発でしたが1987年頃より海外における木口木版画展に招待作家として招かれ、
以後、現代日本を代表する木口木版画作家の一人として認知されています。

略歴
1946年 島根県浜田市生まれ
1977年 独学で木口木版を始める
1981年 第49回日本版画協会展初出品
1982年 日本版画協会展にて準会員推挙
1994年 第9回ソウル国際版画ビエンナーレ優秀賞
2002年 第5回高知国際版画トリエンナーレ佳作賞
   文化庁特別派遣芸術家在外研修員としてパリの
     アトリエコントルポアンにて研修
2009年 英国木口木版画作家協会第72回展在外作家賞受賞

     国内外で個展、グループ展は多数 
     日本版画協会会員

関連情報

このたび「齋藤 修 木口木版画制作記録」25分を制作しました。彫り、摺り、仕上げの工程を接写しています。
会期中上映
木口木版画制作記録映像と斎藤先生のギャラリートーク
5月19日(土)午後2時より。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。