バッタもんのバッタもん

  • 印刷する
会 期
20120410日 -  20120422
開催時間
12時00分 - 19時00分
最終日17:00まで
休み
月曜休廊
この情報のお問合せ
ARTISLONG GALLERY
tel 075-841-0561
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャラリーアーティスロング
住所
〒604-8332 京都府
京都市中京区三条通堀川西入ル一筋目角
最寄り駅
二条城前
電話番号
075-841-0561

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

[コンセプト]
ブランドバッグを解体して作成した作品「バッタもん」は、2010年の神戸ファッション美術館の企画展において、
ルイ・ヴィトン社のクレームにより、会期中に撤去されました。
全国に貼り出されていたポスターも剥がされ、カタログも販売中止になりました。
「バッタもん」のイメージを完全に社会から抹殺したいという意図に、神戸市が全面的に従ったからです。
また、同社から私個人宛のメールにおいては、「バッタもん」を作成・発表する行為は公序良俗に反すると批判されました。

購入した商品を使って表現することは、そこまで社会悪なのでしょうか?

我々の身の回りは、様々な著作物や何物かが登録した権利物で溢れ(肖像権、知的財産権・・・)、
権利意識の過剰な高まりは、文化面へのマイナスに止まらず、社会にひずみを生じさせているように感じます。
そのひずみを指摘し、気付かせてくれるのもまたアートの役割でもあります。
そこで「バッタもんのバッタもん」では
参加者の誰もが’自由に’好きな材料や生地(どれほど過剰な権利意識のある意匠やロゴであろうとも・・・)を堂々と使い、
公開されたバッタもんの型紙から、一匹でも多くの「バッタもん」の仲間を生み出していきたいと考えました。
バッタの大集合は蝗害という災害でもあるのですが、
展覧会は「ユーモアと自由」へと飛翔する為の力強いメッセージでもあるのです。

岡本光博(美術家・企画)

展覧会は「バッタもん」の型紙から生まれた「バッタもん」の仲間達とミニチュアのバッタもん800匹を使った鷲見麿氏の最新作絵画1点を中心に構成しました。

[参加条件]
1. 「型紙」を使うこと。
制作条件は「型紙」を使うこと以外、特に何もありません(注)。
縫製である必要もありません。
たとえば、コラージュのように構成(bbp friend 6)、陶製(bbp friend 105,111,112)、
中には、パン(bbp friend132)もあります・・・。
注・・・だいたいのカタチとだいたいの大きさと解釈してください。
    ちなみに小さいバッタもんの仲間はたくさんいますがOKです。
2. 4月8日18:00に画廊へ直接搬入出できること。もしくは、搬入出を配送(4月7日必着)にすることもできます。その場合の費用は各自負担になります。
*出品費用はかかりません。
*ウェブ上では、原則、すべて公開とします。
しかし、画廊などでの展示の場合は、その場所の責任者の判断で、
ブラックボックス化(以下に詳細あり)する場合があります。ご了承ください。

[ブラックボックス]
「バッタもんのバッタもん」展は
1.基本的に、誰でも参加できるアンデパンダン形式の公募展です。
2.「表現の自由」が大きなテーマの展覧会です。
しかし、
a.主宰(企画者、画廊)が展示出来ないと判断した作品。
b.企業や権利者からのクレームがあり、主宰が判断出来ない作品。
を会場で「見せる」ことはしません。
しかし、1と2の理由から、「排除する」こともまた避けなければならないと考えます。
そこで、
制作者には申し訳ないのですが、
それらの作品を「排除せずに、見せない」展示方法として、箱に入れます。
箱はブラックボックスという名称どおり、黒い箱を予定していますが、
モザイクボックス(モザイクがかかったように見える)もあります。
箱には、バッタもんの仲間の番号が小さく記されています。
鑑賞者は、当プロジェクトホームページを通して、そのような判断を下された作品を知ることが出来ます。
岡本光博

関連情報

ささやかなオープニングの集い 4月10日(火)17:00- お気軽にご参加ください。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。