令和6年度 初夏展 殿さまのスケッチブック

「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 前期展示

「毛介綺煥(もうかいきかん)」(部分)江戸時代(18世紀)永青文庫蔵 前期展示

openstatus
あと30日後に終了
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20240427日 -  20240623
    開催時間
    10時00分 - 16時30分
    最終入館時間 16時00分
    ※状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合がございます。 ※ご来館にあたって事前予約は必要ありませんが、混雑時はお待ちいただく場合がございます。
    休み
    月曜日
    (ただし4月29日・5月6日は開館し、4月30日・5月7日は休館)
    入場料
    有料
    一般:1000円、シニア(70歳以上):800円、大学・高校生:500円
    ※中学生以下、障害者手帳をご提示の方及びその介助者(1名)は無料
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    永青文庫
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    永青文庫
    住所
    〒112-0015 東京都
    文京区目白台1-1-1
    最寄り駅
    江戸川橋
    電話番号
    03-3941-0850

    詳細

    展覧会内容

    日本の博物学は、中国の薬学・博物学である「本草学」の影響を受けて発達し、18世紀には「博物趣味」に熱中する大名が多く現れました。その先駆けの一人が細川家熊本藩6代藩主の重賢(しげかた、1720~85)です。重賢は、熊本藩の藩政改革や産業奨励、藩校時習館、医学校再春館、薬草園蕃滋園の設立などを行って「肥後の鳳凰」と称される一方、動物、昆虫、植物などに強い関心を示しました。参勤交代の途次では植物採集にいそしみ、精緻な博物図譜を作らせています。図譜に掲載された多様なスケッチは驚くほど細かく描き込まれており、自然に対するひたむきな情熱と好奇心が感じられます。
    永青文庫では1991年に「殿様の博物学」展を開催し、所蔵する図譜を多く公開しましたが、本展はそれ以来33年ぶりとなります。細川家の殿さまが見た「リアル」が写された「殿さまのスケッチブック」をご覧ください。

    ※会期中、一部場面替えをいたします。
    前期 4月27日~5月26日、後期 5月28日~6月23日

    細川重賢(しげかた、1720〜85)
    細川家熊本藩6代藩主の細川重賢は、4代藩主宣紀(のぶのり)の5男として江戸に生まれました。延享4年(1747)に藩主となりますが、熊本藩の財政は窮乏しており、藩政改革を進めることになります。重賢は自ら粗衣粗食を率先し、税制や刑法を改正し、行政機構を見直し、産業を奨励しました。そのような藩政で名君と称えられる一方、博物学に没頭し、多くの博物図譜を作らせました。

    [見どころ]
    1.33年ぶり!永青文庫の所蔵する博物図譜の全容を大公開
    永青文庫の博物図譜は、熊本大学附属図書館や熊本県立美術館などで度々紹介されてきました。永青文庫では1991年の「殿様の博物学」展以来、33年ぶりに全20件の博物図譜を展示します。

    2.迫真の描写の「毛介綺煥(もうかいきかん)」全場面を一挙に展示
    特に有名な「アサヒガニ」「ニホンオオカミ」の図を含む裏面は前期、「ヤマネ」「アナグマ」の図を含む表面は後期に全場面を広げて展示します。哺乳類や魚介類など様々な図を通覧できる初めての機会です。

    3.展覧会場では実物の動植物の写真も紹介
    図譜の描写と比較して見ることができます。

    主催・協賛・後援

    主催:永青文庫

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。