アートスペース油亀企画展 寺村光輔のうつわ展 「貫く」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20231216日 -  20231224
開催時間
11時00分 - 19時00分
クリエイター在廊

作家在廊日 2023年12月16日(土)
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
アートスペース油亀
情報提供者/投稿者
開催場所
アートスペース油亀
住所
〒700-0812 岡山県
岡山市北区出石町2丁目3-1
最寄り駅
岡山
電話番号
086-201-8884

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

◆展覧会コンセプト
独立の後、初めて作品を焼き上げるにあたって、作り出したい、生み出したいうつわについて考えてから15年。
ようやくそれがカタチになってきたと、言葉に出来るようになりました。
ここに至るまで、様々な出来事があり、時には困難にぶつかり、もがいたこともあったでしょう。
しかしながら、彼は決してぶれることなく、己の信じた道を貫いてきました。
自身が在りし日に思い描いたうつわを、必ず作り出したいという強い想いを実現するために、
そのために模索を重ねることをいとわず、常にその夢のために歩み続けてきました。
今回の個展では、彼が自身の道を貫いてきたからこそ成し得る渾身作が大集結。
「貫く」ことが困難な時代だからこそ見てほしい。
決して屈することなく、貫いてきたからこそ生まれたうつわの数々を。

◆作品の内容
益子の土の個性がそのままうつわに。
今や幻の土とも呼ばれる益子特有の希少な寺山白土(てらやましろつち)。寺村光輔は修行時代に職人伝いに一生分の寺山白土を購入することができました。その寺山白土をベースに使用し、林檎、梨、ナラなどの木灰を掛けあわせ調合し、木々によるうつわの発色の違いを研究。益子の土との掛け合わせで多彩な作品を生み出しています。 そして、自然の恵みから生まれる灰釉(はいゆう)も寺村光輔作品の特徴の一つです。特に、林檎の樹の枝を燃やしてつくる林檎灰釉(りんごはいゆう)を使用した作品は、独特の温かみを感じさせる、寺村光輔の大人気シリーズです。手間のかかる工程を丁寧にやりとげていくことで、うつわを使う人の気持ちに寄り添った作品を生み出しています。その使い勝手は抜群で、日々のくらしの中で気持ち良く使い続けることができるのです。

※本展では寺村光輔が、貫いてきたからこそ生み出すことができたうつわ作品を多数披露。
寺村光輔の代名詞とも言える、オクトゴナルシリース、オーバルシリーズ、四角鉢シリーズを筆頭に、新たな境地に挑んだ、象嵌作品や陶板作品など日常食器、花器、酒器、陶製オブジェを含む、渾身作1200点超が集結いたします。

会期中に作品をお買い上げのお客様には、彼が調合する釉薬についてまとめた「釉薬大辞典」を進呈いたします。

※作品はすべて展示販売いたします。
※お子様から大人まで、どなたでもご来場いただけます。

新型コロナウイルス感染症予防対策

感染症対策のため、25名以上のご来場がある場合は、来場順の入場制限を行います。
※会場入り口で手指消毒をお願いいたします。
また、体調の悪い方はご来店をお控えください。
※大人数でのご来場はお控えください。
※長時間の滞在はお控えください。
※30分ごとに窓を開けて換気いたします。

感染拡大防止のためにも、みなさまのご理解ご協力を重ねてお願い申しあげます。
どうぞよろしくお願いいたします。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。