第6回グラフィック「1_WALL」展

  • 印刷する
会 期
20120227日 -  20120322
開催時間
11時00分 - 19時00分
この情報のお問合せ
リクルートクリエイティブセンター ガーディアン・ガーデン 
03-5568-8818
情報提供者/投稿者
開催場所
ガーディアン・ガーデン
住所
〒104-8227 東京都
中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F
最寄り駅
銀座
電話番号
03-5568-8818

詳細

展覧会内容

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけて作品を発表する公募展、第6回グラフィック「1_WALL」展を開催します。一次審査(ポートフォリオ審査)と二次審査(ポートフォリレビュー)を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表し、会期中の3月9日(金)には、グランプリを決定する公開最終審査に挑みます。一般見学者の見ている前でファイナリストによるプレゼンテーションが行われ、審査員による議論の後、グランプリを決定します。受賞者には1年後の個展開催と作品パンフレット制作の権利が贈られます。
「1_WALL」は3度にわたる審査で、応募者の実力や可能性を見ていきます。応募者にとっては表現者としての本気度が試される公募展です。6回を迎える今回は、自宅の畑の日々の変化を写真や絵で記録した作品、震災以降感じる不穏な空気を、現実には存在することのない人物を描くことで表現しようとした作品、インクとスクリーントーンを使って細長い人物のみを描きためた作品、友人と過ごした時間を、その人の皮膚に直接絵を描くことで記録しようと試みた作品など、日常の出来事や人物にインスピレーションを得た作品が集まりました。今回は誰がグランプリを獲得するのか、今後のグラフィック界で注目が期待されるのは誰か、皆さんの目でお確かめください。

大塚いちお(イラストレーター、アートディレクター)
1968年新潟県生まれ。書籍や広告、音楽関係などのイラストレーションを数多く手がける他、NHK教育テレビ「みいつけた!」のアートディレクターをつとめる。作品集に『illustration book, ICHIO Otsuka's MAGIC』(誠文堂新光社刊)。『GIONGOGITAIGO J”ISHO』(ピエ・ブックス刊)で東京ADC賞受賞。

【審査員】
 
菊地敦己(アートディレクター)
1974 年生まれ。武蔵野美術大学彫刻科中退。2000 年ブルーマーク設立、2011 年解散。同年、菊地敦己事務所設立。主な仕事に、青森県立美術館のVI 計画、ファッションブランドの「ミナ ペルホネン」や「サリースコット」のブランド計画、雑誌『「旬」がまるごと』等。JAGDA 新人賞、ADC 賞等受賞多数。東北芸術工科大学客員教授。
 
佐野研二郎(アートディレクター)
1972 年生まれ。MR_DESIGN 代表。主な仕事にトヨタReBORN、サントリーBOSS、LISMO!、ニャンまげ、エステーエアカウンター、T ブー!S、ミツカンとろっ豆などがある。nico プロダクト、地球ゴミ袋はMoMA・ニューヨーク近代美術館、コレット(パリ)、DESIGN MUSEUM(ロンドン)、ラ・リナシェンテ(ミラノ)などで展開中。www.mr-design.jp

高井薫(アートディレクター)
多摩美術大学卒業。サントリー宣伝制作部を経て2002年よりサン・アド勤務。広告のアートディレクションを中心にパッケージやCDジャケット、商品デザインまで手がける。主な仕事に、サントリー、HaaT(ISSEY MIYAKE INC.)、CLASSICS the Small Luxuryなど。ADC賞、JAGDA新人賞など受賞。
 
室賀清徳(『アイデア』編集長)
1975年新潟県生まれ。東京大学文学部美学芸術学専修課程卒業。(株)誠文堂新光社にてデザイン誌『アイデア』をはじめ、デザイン関連書の編集に携わる。第8回竹尾賞審査員特別賞。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。