アートスペース油亀企画展 仲山姉妹 個展「アラスカ」

  • 印刷する
会 期
20120401日 -  20120407
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
会期中は無休
この情報のお問合せ
アートスペース油亀
086-201-8884
情報提供者/投稿者
開催場所
アートスペース油亀
住所
〒700-0812 岡山県
岡山市北区出石町2丁目3-1
最寄り駅
岡山
電話番号
086-201-8884

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

私がお棺に入るとき
今でもあなたと暮らした何十年が
夢であってほしい
それは後悔でもあって
幸せでもあります

この言葉は、今回の被写体、岡山市北区出石町在住の野崎さんの奥さんが残した言葉です。
仲山姉妹は、日々を過ごしていく人間を見つめることで、私達が気がつかない、日常の違和感を見つけます。
彼女が岡山にやってきて、出石町で出会った野崎さんを通し、私達の世界が小さく、そして儚いことをアートとして提示します。

もうすぐ夏だね。
そしたら秋がきて、また冬だね。
そしたらまた夏がきて。

もうすぐ誕生日だね。
「まだ先だよ」
そしたらまたひとつ歳をとって、
すぐおばあちゃんになって死んじゃうね。

「べつにいいけど、なんかいやなの?」
「いや、べつにいやじゃないけど」
おやすみなさい、これで目を閉じたら明日だね。
                   仲山姉妹

 
[作品内容]
タイトルの「アラスカ」には、次の意味が含まれております。
戦時中の人々にとって、これから戦争に向かう人は、これから死に行くのと同じなので、誕生日のお祝いをしなかった。
その代わりに、無事に帰ってこられた時、帰ってこられた日を誕生日として、お祝いをしていた。
当時、お祝いにはケーキなどなかったので、アラスカエンドウ(グリーンピース)を炊いてお祝いをした。

会期中は毎日、被写体であり戦争体験者の野崎さんが油亀に在廊し、戦時中の手袋や帽子を展示いたします。
仲山姉妹が野崎さんと出会ってから5年間のうちに、コミュニケーションを取ることでうまれた新作作品を含む、
写真・映像・立体の作品を約10点発表いたします。

[ギャラリーコメント]
「まっすぐ伸びた菊に、違和感を感じない。」
農家や食堂、病院、工場、時には民家。
人とふれあい、会話をする。時には幾月も共に仕事をして、自分の身を同じ状況においてみる。
日々繰り返される何気ない仕草や会話。
彼女が見つける違和感は、当たり前に過ぎ去る事の中に潜んでいる。誰もが気づかず通りすぎる事の中に。

岡山で出会った野崎さん。今年で100歳。
彼と接した5年間。夫婦の会話にみつけた空虚さ。
知っていたはずの世界が小さく、あまりにも儚いということ。
人は一生のうちに、いったい何人と出会い、いくつの選択をしていくのだろう。

油亀 柏戸喜貴

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。