オノデラユキ 写真の迷宮へ INTO THE LABYRINTH OF PHOTOGRAPHY

オノデラユキ 写真の迷宮へ (東京都写真美術館 2010/7/27~9/26)-2
  • オノデラユキ 写真の迷宮へ (東京都写真美術館 2010/7/27~9/26)-1
タグ
  • 印刷する
会 期
20100727日 -  20100926
開催時間
10時00分 - 18時00分
休み
開館時間: 木・金は20:00 まで/入館は閉館30 分前まで
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)
クリエイター在廊

7/30
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
東京都写真美術館
住所
〒153-0062 東京都
目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
最寄り駅
恵比寿
電話番号
03-3280-0099

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

― 「写真」の迷宮へ ―
オノデラユキ(1962 生まれ)はパリを拠点に、世界的な活動を続ける写真家です。独学で写真技術を身につけ、1991 年第1回写真新世紀展優秀賞を受賞、写真家として頭角を現しました。イメージを重ねた幻視的な作品で「謎めいていることは貴重である」と評価され、その作品の本質は1993 年パリに拠点を移すことにより更に力強く磨かれていきました。そして創意溢れるシリーズを次々と発表、2003 年、写真集『カメラキメラ』で第28 回木村伊兵衛賞を受賞し、さらに2006 年にはフランスにおける最も権威ある写真賞「ニエプス賞」を受賞しました。
オノデラの作品は、「写真」という一般的概念に収まりきれないところに、その魅力と特質があります。それは写真表現の可能性に果敢に挑戦してゆくオノデラの尽きない探求心に支えられています。ある時はカメラに細工を施し、ある時はコラージュによって、ある時は思わぬアングルから被写体をとらえ、コンピューターを使用したり手彩色を施したりと、シャッターを押すまでに行われる作り込みは、まさに造形作家の作業です。それらを一度カメラという機械を通して1 枚の画面に封じ込め、最終的に自らの手で現像し写真作品として完成させるのです。
オノデラの作品は、日常の風景を捉えながらも、私たちの固定観念を覆すような視覚世界を体験させてくれます。そして、独自のユーモアと都会的なセンスで巧みに観る者を惹きつけながら、私たちを写真の迷宮へ誘うでしょう。
本展ではオノデラユキの初期代表作に東京都写真美術館新収蔵作品「Transvest」、「12speed」を加えた9 シリーズ60 点で展観いたします。

■主な展示作品 (*は東京都写真美術館収蔵シリーズ) ※点数は展示点数(詳細は別添リスト参照)
「古着のポートレイト」 1994-1997 年 ゼラチン・シルバープリント 115×115cm 計9 点 *うち5 点
「窓の外を見よ」 2000 年 ゼラチン・シルバープリント59×49cm 計5 点
「真珠の作り方」 2000-2001 年 ゼラチン・シルバープリント 210×150cm 計3 点 *3 点
「Transvest」 2002-年 ゼラチン・シルバープリント ex.190×126cm 計5 点 *うち2 点
「Roma-Roma」 2004 年 ゼラチン・シルバープリント、油彩 37×49cm 計10 点 *うち2 点
「オルフェウスの下方へ 1-失踪者の後を追って-、2-不思議な距離―」 2006 年 ゼラチン・シルバープリント 144×117cm、ポラロイド 41×38cm 各4 点
「11番目の指」 2006-2010 年 フォトグラム、ゼラチン・シルバープリントex.182×124cm 9 点
「アニューラ・エクリプス」 2007 年 シルクスクリーン ex.254×150cm 3 点
「12 Speed」 2008 年 インクジェットプリント、ゼラチン・シルバープリント 124×171cm 各4 点 *うち2 点

関連情報

■関連イベント
○アーティストトーク(作家による作品解説)
 日時:7 月30 日(金)14:00~ 会場:2 階展示室
 本展覧会の半券(当日有効)をお持ちの上、会場入り口にお集まりください
○オノデラユキのスライドレクチャー <初公開!アートな写真のひみつ>
 日時:9 月4 日(土)14:00~ 定員:70 名 会場:1 階創作室(アトリエ)
 当日10 時より当館1 階受付にて整理券を配布します
○担当学芸員によるフロアレクチャー
 日時:第1・3 金曜日 14:00~
 本展覧会の半券(当日有効)をお持ちの上、会場入り口にお集まりください

■海外での個展情報
 ソウル写真美術館(韓国) 2010年9月11日-12月4日
 ニエプス美術館(フランス) 2011年10月15日-2012年1月22日
■関連書籍「オノデラユキ」
 本展出品作品に上記のソウル展、フランス展出品作品の「ミツバチ-鏡」「C.V.N.I」「P.N.I.」「関節に気をつけろ!」「液体とテレビと昆虫と」を加え約120 点の作品を掲載した書籍を発行します。
 「オノデラユキ」 淡交社 B5 判変形 216 ページ 2,800 円(税込) ※日本語版、英語版
■お子様の美術鑑賞に 「鑑賞ワークシート」
 オノデラユキの作品の魅力を、クイズ形式で楽しく紹介する「鑑賞ワークシート」をご用意しています。夏休みの美術鑑賞や、美術クラスの団体鑑賞に最適です。(参加者には特製シールを差し上げます。)

主催・協賛・後援

主催: 東京都 東京都写真美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
特別協賛: キヤノン株式会社
協賛: ライオン/清水建設/大日本印刷

特記事項

     

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。