特別展「静中動:韓国のスピリットをたどる―開かれた陶のアート」

chirashi_omote_small.jpg
openstatus
あと9日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220917日 -  20221218
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    入館時間は16時30分まで
    休み
    月曜日
    休館日:毎週月曜日(9月19日/10月10日(月・祝)は開館し翌日振替休館)
    入場料
    有料
    一般:750円(600円)/高大生:560円(450円)/中学生以下 無料 ※( )内は20人以上の団体料金
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    滋賀県立陶芸の森  電話番号:0748-83-0909
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    滋賀県立陶芸の森
    住所
    〒529-1804 滋賀県
    甲賀市信楽町勅旨2188-7
    最寄り駅
    信楽高原鐵道「信楽駅」
    電話番号
    0748-83-0909

    詳細

    展覧会内容

    激変する歴史の中で他文化と交流しながら、独創的な世界観を生み出してきた韓国アート界には、静の中に潜められる動のエネルギー、「静中の動」の精神が垣間見える。とりわけ、人・文化の交流を通じた変容により、新たな美が生まれる一方、その動きの中で相対的に浮かび上がるアイデンティティや、変わらない伝統の精神性なども根底にうかがえる。その精神性の代表例の一つとして挙げられるのが、朝鮮白磁の「満月壺(MOON JAR)」である。満月壺は近年ジャンルを問わず、韓国のアーティストたちに通底する美・文化のキーワードとしてたびたび登場する。
    本展では、静中動の視点から伝統を踏まえて、様々な表現・理論へと展開された韓国アート、主に陶を素材にした作品を中心に紹介し、その根底にある精神性と魅力について、歴史的に多くの接点を持つ日本のやきものとの関わりを通じて浮き彫りにする

    関連イベント

    ・本展監修者の片山まび氏のスペシャル・トーク+アーティスト・トーク
     日時:11月6日(日) ●時~●時 場所:滋賀県立陶芸の森 信楽産業展示館 ホール ※参加費無料、要事前申込
    ・出品作家・河明求氏の野焼きイベント「未来へのおくりもの-はにわメッセンジャー」
     参加者の完成作を作家の作品と併せて展示予定
     制作:8月6日(土) /焼成:8月21日(日) ※協力:世界にひとつの宝物づくり実行委員会
    ・韓国の食と器:キムチとオンギ
     「オリジナルのキムチ壺づくり」
     日時:10月9日(日) 講師:玄尚哲(出品作家/信楽在住の韓国人陶芸家)
     「キムチを漬けてみよう!」
     日時:11月26日(土) 場所:一般社団法人シガラキ・シェア・スタジオ 講師:李美姫(在日本大韓民国婦人会 滋賀県地方本部 会長)
     ※特別協力:在日本大韓民国婦人会 滋賀県地方本部、甲賀市国際交流協会、しがらきマルシェ
    ・ギャラリートーク(学芸員による展示解説)
     日時:9月25日(日)、10月23日(日)、11月20日(日)いずれも13時30分~ ※申込不要、要入場券
    ・地元企業協賛企画 山田牧場 POP UP SHOP!
     自慢の牛乳を使用した商品を陶芸館前にて販売。
     開催日:会期中の土曜日・日曜日・祝日 (雨天中止)
    ・同時期開催の「朝鮮の工芸」をテーマにした展覧会
     日本民藝館 (東京):「柳宗悦と朝鮮の工芸 陶磁器の美に導かれて」 9月1日~11月23日
     韓国文化院ギャラリー MI (東京):「『朝鮮とその芸術』刊行100周年記念 柳宗悦の心と眼―日本民藝館所蔵 朝鮮関連資料をめぐって―」
     9月14日~10月1日

    主催・協賛・後援

    主催:滋賀県立陶芸の森、京都新聞
    監修:東京藝術大学美術学部 教授 片山まび氏
    後援:駐日韓国大使館 韓国文化院、滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局
    協力:甲賀市国際交流協会、在日本大韓民国婦人会滋賀県地方本部、京セラ株式会社
    協賛:山田牧場

    新型コロナウイルス感染症予防対策

    □マスクを着用されていない方、発熱・咳などの風邪の症状がある方は、来園をご遠慮ください。
    □屋内外問わず、できるだけ他の人と一定の距離(1~2m程度)を保っていただくようお願いします。
    □各館の入館時には、入口に手指消毒用アルコールを設置していますので、必ずご利用ください。また、非接触型体温計で検温をお願いする場合があります。
    □展覧会を観覧される場合は、感染者が発生した場合に速やかに連絡が取れるよう、入館時に連絡先の記入(氏名、住所、電話番号、入館時間等)をお願いします。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。