特別展 独眼竜 伊達政宗

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20221008日 -  20221127
開催時間
9時30分 - 17時30分
最終入場は17時00分まで
休み
月曜日
ただし、 10月 10日(月・祝)は開館。 10月 11日(火)は休館
入場料
有料
一 般 1,600 円( 1,400 円)、高大生 1,200 円( 1,000 円)、小中生 500 円 300 円)
※()内は前売料金 ※学生の方は入場の際、学生証をご提示ください。 ※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者と介護者 1 名、および特定疾患医療受給者証、特定医療費 指定難病 受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料。 ※会期中のチケットは当日料金での販売となります。 ※電子チケット購入の際に各プレイガイドによって各種手数料が発生する場合があります。
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
福岡市博物館
情報提供者/投稿者
開催場所
福岡市博物館
住所
〒814-0001 福岡県
福岡市早良区百道浜3丁目1-1
最寄り駅
西新
電話番号
092-845-5011

詳細

展覧会内容

「特別展 独眼竜 伊達政宗」実行委員会(福岡市博物館、RKB毎日放送、西日本新聞社、西日本新聞イベントサービス、チケットぴあ九州)は、「独眼竜」と称えられた伊達政宗に迫る展覧会「特別展独眼竜伊達政宗」を福岡市博物館にて、2022年10月8日土から2022年11月27日日まで開催します。

戦国時代の奥羽に覇を唱え、のちに「独眼竜」と称えられた伊達政宗(1567~1636)。
その野望は天下人・豊臣秀吉によって阻まれますが、卓越した才覚と統率力によって激動の時代を生き抜き、仙台藩62万石の基礎を築きました。本展覧会では、こうした政宗の人柄を伝える直筆の手紙や肖像画、斬新なデザインで都びとを魅了した伊達軍団の武具・甲冑、また政宗の多才ぶりをうかがわせる書画、さらには政宗の家臣・支倉常長がヨーロッパなどから持ち帰った国宝「慶長遣欧使節関係資料」など、約100点を公開します。

本展覧会では、1567年生まれの伊達政宗と同世代の武将、柳川藩主・立花宗茂(1567年生まれ)、福岡藩主・黒田長政(1568年生まれ)の甲冑も同時公開します。
これにちなみ、デザインを学ぶ約200人の専門学校生に参加してもらい、3人が18歳の頃の姿をイメージしたイケメンキャラクターを制作しました。
会場では等身大パネルの前で記念撮影ができるほか、テレビCMでも戦国同級生3人がおもしろシュールな?掛け合いをします。ぜひお楽しみください。

主催・協賛・後援

主催:福岡市博物館、RKB 毎日放送、西日本新聞社、西日本新聞イベントサービス、チケットぴあ九州
協賛:ひむかのくろうま
特別協力:仙台市博物館
企画協力:tbc東北放送
協力:福岡デザイン&テクノロジー専門学校、福岡スクールオブミュージックダンス専門学校
助成:公益財団法人、福岡文化財団
後援:FM FUKUOKA、CROSS FM、 LOVE FM、西日本鉄道

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。