おいしいボタニカル・アート ̶ 食を彩る植物のものがたり

ウィリアム・フッカー 《リンゴ 「デヴォンシャー・カレンデン」 》 1818年  スティップル・エングレーヴィング、アクアティント、手彩色/紙 34.5×26.0 cm ©Photo Michael Whiteway

ウィリアム・フッカー 《リンゴ 「デヴォンシャー・カレンデン」 》 1818年  スティップル・エングレーヴィング、アクアティント、手彩色/紙 34.5×26.0 cm ©Photo Michael Whiteway

openstatus
あと41日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20221105日 -  20230115
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日
    入場料
    有料
    一般1,600(1,500)円、大学生1,100(1,000)円、高校生以下 無料
    ※( )内は前売料金 ※前売券は公式電子チケット「アソビュー!」、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあなどでお買い求めいただけます。詳細は美術館ホームページをご確認ください。 ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を提示のご本人とその介助者1名は無料、被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料
    作品の販売有無
    展示のみ
    子連れ
    この情報のお問合せ
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    SOMPO美術館
    住所
    〒160-8338  東京都
    新宿区西新宿1-26-1
    最寄り駅
    新宿
    電話番号
    050-5541-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    展覧会内容

    イギリスのキュー王立植物園の協力のもと、食用となる植物を描いたボタニカル・アート(植物画)の展覧会です。 野菜、果物はもちろん、コーヒー、茶、カカオ、ハーブ、スパイスなど、身近なものから珍しいものまで、イギリスの食生活に関わる食材のボタニカル・アートを、その文化や歴史的背景とともに紹介します。
    古いレシピや、食卓を飾るティー・セット、グラス、カトラリーなど、食にまつわる資料類も展示し、さまざまな食材がどのような過程を経て食卓にならぶようになったのか、「おいしい」ボタニカル・アートを通じてイギリスの歴史と文化をたどります。

    ボタニカルアートとは

    ボタニカル・アート(Botanical Art)とは、薬草学や植物学といった科学的研究を目的として、草花を正確かつ緻密に描いた「植物画」のことです。 17世紀の大航海時代、珍しい植物を追い求めたプラント・ハンターたちの周辺で多くのボタニカル・アートが描かれ、専門の画家も活躍し急速に発展しました。 18世紀以降になると科学的な目的に加え、芸術性の高い作品も描かれるようになりました。

    主催・協賛・後援

    主催:SOMPO美術館、日本経済新聞社
    協賛:SOMPOホールディングス
    特別協力:損保ジャパン
    後援:ブリティシュ・カウンシル
    企画協力:ブレーントラスト

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。