「佐伯洋江」展

  • 印刷する
会 期
20120204日 -  20120212
開催時間
10時00分 - 19時00分
入場料
無料
この情報のお問合せ
メルセデス・ベンツ コネクション
Tel:03-3423-1256
情報提供者/投稿者
開催場所
メルセデス・ベンツ コネクション
住所
〒106-0032 東京都
港区六本木7-8-1 1F
最寄り駅
六本木
電話番号
03-3423-1256

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 このたび、メルセデス・ベンツ コネクションでは、1Fギャラリースペースにて2/4(土)から12(日)まで、現代美術の分野で最も注目を集める若手のアーティスト、佐伯洋江氏の個展を開催いたします。

 ダイムラーは世界中で事業活動を行う企業市民として継続的に社会貢献活動、文化支援活動を行うことを企業理念として掲げています。日本におけるダイムラーグループが文化・芸術支援活動「アート・スコープ」を開始して今年で21年目を迎えました。1991年より現代美術を担うアーティストの育成と日欧の国際交流のコンセプトにご賛同くださった多くの方々の温かいご支援をいただきながら、アーティスト・イン・レジデンスというプログラムを通じて日本の将来あるアーティストの支援を行ってきました。

 佐伯洋江氏は、2010年度の「アート・スコープ」プログラムに選出され、アーティスト・イン・レジデンスプログラムにて3ヶ月間ベルリンに滞在したのち、その体験を踏まえ創作に励んだ成果を、2011年9月から12月まで、東京、品川の原美術館にて行われた「アート・スコープ2009-2011
インヴィジブル・メモリーズ」展にて発表しました。本展覧会ではその中から、佐伯氏がメルセデス・ベンツ コネクションに足を運び、この場所のために選定した作品を展示します。

 佐伯氏は大阪府池田市に生まれ、2001年に京都精華大学美術学部デザイン学科ビジュアルコミュニケーションデザイン・コースを卒業しました。2004年、タカ・イシイギャラリーでのグループ展「invisible birds」に参加した後、ニューヨーク、バーゼル、ロンドンなど海外のアート・
フェアで大きな注目を集めました。2006年には、全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などが推薦する、今後の活躍に期待がもてる若手作家へ向けられたVOCA奨励賞受賞しました。近年は、国内外で数多くの個展・グループ展に精力的に参加し、その活動の場を広げています。その作品は国内では第一生命保険相互会社、トヨタアートコレクション、原美術館、海外ではニューヨーク近代美術館(ニューヨーク)、UBSアートコレクション(ロンドン)、Deutsche Bankアートコレクション(フランクフルト)などに所蔵されています。

 佐伯氏の作品は、初期から一貫して、白のケント紙に鉛筆やシャープペンシルなどで細かく丹念に描きこまれた有機的なモチーフや無機的な記号のようなもの、そして時には画面の半分以上を占める大きな空白とで構成されています。両者がもたらす緊張と対話、そして線描の繊細さと力強さと自在さは、鑑賞者をその絵画空間へ引き込む力強さを持っています。佐伯氏は「作品は何を描こうと決めてからではなく、何も考えず空間にはいりこみ、あたかも旅をするかのように描く。少し線が違えば異なる旅、作品となる。」と語ります。言葉に頼るのではなく、描き出された自由自在な線とモチーフ、空間が生み出す彼女の絵画世界の旅をお楽しみ下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

 
原美術館のArt Scope展で発表した作品より作家が選んだ14点を六本木のメルセデス・ベンツ コネクションにて再展示します。

関連情報

2月3日(金)18:00-19:30には、作家を囲んでオープニング・レセプションを開催致します。
*オープニング・レセプションは招待制です。

主催・協賛・後援

主催: メルセデス・ベンツ日本株式会社
協力: 原美術館、タカ・イシイギャラリー、NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。