ジョナス・メカス写真展

jpg.
    タグ
    • 印刷する
    会 期
    20120210日 -  20120225
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    会期中無休
    クリエイター在廊
    入場料
    無料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    電話03-3470-2631、メールinfo@tokinowasuremono.com
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ときの忘れもの
    住所
    〒113-0021 東京都
    文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
    最寄り駅
    駒込
    電話番号
    03-6902-9530

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

     故郷リトアニアをソ連、ドイツに相次いで占領され、強制収容所そして難民キャンプを転々とする生活を経て1949年、アメリカに亡命したジョナス・メカス。リトアニアでは詩人そして新聞や文学雑誌の編集に携わっていましたが、渡米後、言葉も通じないブルックリンで機械工や清掃員などの仕事をする傍ら、一台の16ミリ・カメラを手にします。そして、自分の住む場所やリトアニア系移民の日々の生活を日記のように撮り始めます。その後は、詩人として、そして戦後アメリカのインディペンデント映画や実験映画をリードした映像作家として映画を志す若い人々に大きな影響を与えています。
     メカスは、日常的な記録の断片を集積し、再構成する独特のスタイル「日記映画」の創始者であり、独特の言葉の響きをもつナレーションや、選択された音楽の効果、それらが相まって醸し出されるメランコリックでノスタルジックなニュアンスに富む映像は、他にはない魅力を放っています。映画に写し出される人々は、メカスの家族や友人達ですが、観客にとっても、かけがえのない肉親なのではないかと思わせます。粗い粒子の画面のなかで、笑ったり踊ったりする人々はとても愛しく、彼等を愛してしまうことを止められません。郷愁、愛情、魂、どんな言葉を使っても観客が感じてしまう心の動きを伝えることは不可能に思えます。胸を切り裂き、何かを感じて脈打つ心臓を、ここに差し出してみせるしかないのかもしれません。

     近年、メカスが精力的にとりくんでいる仕事の一つに、彼自身が撮影した 16mmフィルムより、3コマ程度の部分を抜粋し、写真として焼きつける「静止した映画フィルム」と呼ばれる仕事があります。

     本展では、その中の「this side of paradise」シリーズより日本未発表の大判作品13点を展示します。
     「this side of paradise」の元になった映像は、1960年代末から70年代始め、ジョン・F・ケネディの未亡人であったジャッキー・ケネディに請われ、子息のジョン・ジュニアやキャロラインといとこたちに映画を教えていた時期に撮影されたフィルムです。悲劇的な父親の死から程ない頃、父親のいない暮らしに慣れるまでの、心の準備が少しでも楽にできるよう、子供たちが何かすることをみつけてやりたいと考えたジャッキーが、子供たちに美術史を教えていたピーター・ビアードを通じて、メカスに頼みました。アンディ・ウォーホルから借り受けたモントークの古い家で、ジャッキーとその妹家族、子供達、メカス、週末にはウォーホルやビアードが加わり、皆で過ごした夏の日々の、ある時間、ある断片が作品には切り取られています。
     大統領夫人がポップアートの作家の別荘を借り、実験映画のアーティストたちを家庭教師に頼み、子供達とひと夏をモントークで過ごす。ある家族の日常の記録ですが、それがそのまま60~70年代のアメリカを象徴する映像となっています。

     「それは友と共に、生きて今ここにあることの幸せと歓びを、いくたびもくりかえし感ずることのできた夏の日々。楽園の小さなかけらにも譬えられる日々だった」   ジョナス・メカス

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。