竹原優 「inevitable−必然−」

竹原優 「inevitable−必然−」 (六本木ヒルズアート&デザインストア 2010/8/31~9/20)-2
  • 竹原優 「inevitable−必然−」 (六本木ヒルズアート&デザインストア 2010/8/31~9/20)-1
タグ
  • 印刷する
会 期
20100831日 -  20100920
開催時間
10時00分 - 22時00分
この情報のお問合せ
情報提供者/投稿者
開催場所
六本木ヒルズ アート&デザインギャラリー
住所
〒106-6103 東京都
港区六本木6丁目10-1  六本木ヒルズウエストウォーク3階
最寄り駅
六本木
電話番号
03-6406-6875

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

異なる者同士を私の手で引き寄せることで、お互いの存在がぶつかり合い、個を主張しはじめる。
すると、そこには新たな「命の姿」が浮かび上がってくるのだ。
暴力的な行為かもしれないが、私の手で異なる両者を引き寄せ、出会わせることで新たな生命が宿り、そこに誕生する。
それは、まさに偶然を越えた「必然」的出会いだと私は考える。
また、生命の「繋ぎ目」や「環」としての役割を持つ女性性を捉えながら、生命と自然とが循環していくエネルギーを形にしていきたいと考える。 

2009年に「キヤノン写真新世紀」で佳作を受賞して以来、精力的に作家活動を展開している竹原。
今年5月に韓国で開催された写真専門のアートフェア「ソウルフォト2010」では、27点もの作品を発表しました。
また、6月にはYOKOI FINE ARTにて初めての個展となる「inevitable−必然−」を開催しました。
一里塚とも言うべき卒業制作に、故郷北海道の民俗的な要素が含まれ自身のルーツに対する執着が色濃く出ている作品群を加えて、合計46点にも及ぶ壮大な展示を構成。
母胎をイメージして作り込んだ会場で、見る者を神秘溢れる生命の宇宙に誘いました。

木々が茂る山や、人々が暮らす街並、そして拡大された女性の顔。
生命と自然の循環、そして竹原自身の手の跡が感じられる、ひとつひとつの作品たち。
これらの作品は、重ね合わせた幾つものイメージの上にニードルやバーナーで痕跡を残す事で、生み出されています。
そして、声高に生命を主張しあう作品を、そのメッセージが最も伝わるように、竹原は構成を考えるのです。

初個展「inevitable−必然−」に引き続いて開催される本展では、竹原が今現在の視点でセレクトした作品を展示予定。
草いきれのように噎せ返るほどの生命のエネルギーを放つ作品群、この機会に是非ご高覧下さい。

主催・協賛・後援

協力:YOKOI FINE ART 株式会社
    〒106-0044 東京都港区東麻布1-4-3 木内第二ビル6F
    <a href="http://www.yokoifineart.jp">www.yokoifineart.jp</a>

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。