阿部勝則 佛淵静子 人のかたち・刹那のかたち 【同時開催】館蔵刀剣展 乱れ刃の華

佛淵静子《夏鏡》2021 麻紙・墨・銀箔、阿部勝則《滝》2022 油彩【株式会社アークベル所蔵】
openstatus
あと7日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220805日 -  20221002
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    入館は16:30まで
    休み
    火曜日
    クリエイター在廊

    8/5(金) 10:00~12:00
    入場料
    有料
    一般500円、小・中学生200円
    展覧会の撮影
    不可
    この情報のお問合せ
    星と森の詩美術館 担当 永井 TEL:025-752-7202
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    星と森の詩美術館
    住所
    〒948-0101 新潟県
    十日町市稲葉1099-1
    最寄り駅
    十日町
    電話番号
    025-752-7202

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    現在、高等学校で教諭を務めながら油彩での作品発表を続けている阿部勝則(1964-:旧 塩沢町出身)と、日本画家として個展を中心に活動する佛淵静子(1974-:東京都出身)の2人展を開催いたします。
    両者ともに人物を題材としながらも、その狙いと表現方法はそれぞれ異なります。
    阿部は学生時代に、《リアリズムの技法を用いて作者の内面世界を表現する》というテーマを抱き制作を続けてきましたが、次第にそこに窮屈さを感じるようになり、そこから脱け出し、より自由に描けるようになったのはここ7~8年のことといいます。近年は精力的に公募展やグループ展に出品し、本年の第29回アークベル県民アマチュア絵画展では洋画部門最優秀賞を受賞しています。
    一方で佛淵は、初期は色味のある作品を制作していましたが、次第に画面から色彩表現が遠のき、線描による表現に重点が置かれるようになります。「人物を描くときに、出来るだけ情感を込めずに、フォルムの美しさ、端部の面白さを追求して描いていきたい気持ちがあり…」と語っているように、その画面からは清々しい潔さを感じます。
    今展では、阿部・佛淵ともにそれぞれ約20点の作品を展覧いたします。
    【 同時開催 】 館蔵刀剣展 乱れ刃の華
    乱れ刃に焦点を当てた日本刀の展覧会を開催いたします。「乱れ刃」と一口に言っても備前伝に代表される華やかな丁子や互の目などの刃文もあれば、沸の煌めきで魅せる相州系もあります。
    鎌倉時代前期の古刀から現代刀まで、選りすぐりの乱れ刃を10余口、所蔵刀より展覧いたします。

    関連イベント

    阿部勝則さん、佛淵静子さんギャラリートーク開催(予約制)
    9月3日(土)14:00~ ※ ご予約と入館料が必要です

    主催・協賛・後援

    星と森の詩美術館

    新型コロナウイルス感染症予防対策

    感染予防対策
    ・職員の体温測定と体調チェック
    ・手指のアルコール消毒
    ・美術館内の換気

    ご来場される方へのお願い
    ・マスク着用のお願い
     マスクをお持ちでない場合は、必ずハンカチをお持ちください。
     ※当面の間、マスク着用でないお客様のご入館をご遠慮いただく場合がございます。

    ・手洗い・アルコール消毒のお願い
     ご入館の際は、手指のアルコール消毒をお願いいたします。

    ・咳エチケットのお願い
     咳やくしゃみをする際、飛沫が飛ばないよう口元をハンカチやティッシュ、袖などで抑える咳エチケットをお心掛けください。

    ・ご来館前の体温測定と体調チェックのお願い
     体温が37度5分以上ある、咳などの風邪症状がある等、体調がすぐれない場合はご来館をお控えくださいますようお願いいたします。

    ・作品鑑賞時のお願い
     作品鑑賞の際には、他のお客様との距離をあけて、展示室内での会話は極力お控えくださいますようお願いいたします。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。