アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン オールドノリタケ×若林コレクション

《色絵金盛薔薇文飾壺》1891-1921年頃

《色絵金盛薔薇文飾壺》1891-1921年頃

openstatus
あと21日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220910日 -  20221016
    開催時間
    10時00分 - 20時00分
    ※入館は閉館の30分前まで。 
    ※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
    入場料
    有料
    一般1,200(1,000)円、大学・高校生1,000(800)円、中学生以下無料
    ※消費税込。 ※( )内は、前売および[クラブ・オン/ミレニアムカード、クラブ・オン/ミレニアム アプリ、セブンカード・プラス、セブンカード]をご提示の方の料金です。
    ※障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    045-465-5515
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    そごう美術館
    住所
    〒220-0011 神奈川県
    横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店6階
    最寄り駅
    横浜
    電話番号
    045-465-5515(美術館直通)

    詳細

    展覧会内容

    明治の開国後、世界に向けて開かれた港「横浜」。激動の時代のなか、森村市左衛門と大倉孫兵衛―横浜にゆかりあるふたりの出会いは、オールドノリタケの発展に大きく貢献しました。

    オールドノリタケとは、明治中期から第二次世界大戦期にかけて、森村組および日本陶器(現・株式会社ノリタケカンパニーリミテド)によって製作・販売・輸出された陶磁器です。19 世紀後半、欧米では万国博覧会が各地で開催され、日本をはじめとする異国への関心が高まりを見せます。そのなかで、明治政府の殖産興業政策の一環として陶磁器の生産が強化され、万国博覧会などを通じて欧米諸国に紹介されました。

    こうした時代に創業されたのが森村組です。この森村組の関連会社として設立された日本陶器は、アメリカの販売拠点であるモリムラブラザーズとの協同により、当時の欧米の顧客ニーズをいち早く取り入れ、新しいデザインの陶磁器を次々と生み出していきました。

    本展では、オールドノリタケの陶磁器やデザイン画などをご紹介いたします。アールヌーヴォーの華麗な絵付けを施された作品や、アールデコの可憐なモチーフが儚く咲いた作品など、欧米に学びながらも独創性を開花させた意匠、技法、器種を網羅する若林コレクションから、オールドノリタケのさまざまに咲いた色彩とデザインをお楽しみください。

    展覧会のポイント
    ◆ オールドノリタケの優れた技巧をご覧いただけます。
    明治工芸の細密描写は、近年大きな注目を集めています。明治輸出工芸の流れをくむオールドノリタケの職人たちは、欧米に学びながら、さまざまな技法を探求・駆使し、陶磁器を生み出していきました。本展では、オールドノリタケを構成する優れた技巧を、解説と共にご覧いただけます。

    ◆ オールドノリタケを、「モチーフ」、「スタイル」、「テクニック」、「ファンクション」の 4 つの観点から読み解きます。
    本展では、制作技法はじめ、作品に描かれたモチーフ、デザインの様式、陶磁器の器種と、4 つの観点からオールドノリタケを紹介・解説いたします。さまざまな角度から、オールドノリタケをお楽しみいただけます。

    ◆ 華やかなオールドノリタケのテーブルセッティングをお楽しみいただけます。
    オールドノリタケの作品をコーディネートし、展示室内に華やかなアフタヌーンティーのテーブルを再現いたします。テーブルセッティングは、横浜市在住のテーブルコーディネーター・竹内薫氏にご担当いただきます。

    主催・協賛・後援

    主催:そごう美術館、東京新聞
    後援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
    協賛:株式会社そごう・西武

    新型コロナウイルス感染症予防対策

    ご入館にあたって
    ※館内では係員の指示に従っていただきますようお願いいたします。
    〇マスク着用、入口での手指消毒・検温をお願いいたします。
    〇周囲の方と距離を空け、会話はお控えください。
    〇展示品および展示ケース、壁にはお手を触れないようお願いいたします。
    〇携帯電話・アラームなど音の出る機器類のスイッチをお切りください。
    〇館内において以下の行為はご遠慮ください。
    禁止場所での撮影
    模写 鉛筆・ペグシル以外の筆記用具の使用
    飲食(ガム・アメなどを含む)
    喫煙 傘・動植物の持ち込み
    そのほか、周囲の方のご迷惑になる行為
    〇作品保護のため、館内の照明および温度は低めに設定しております。
    〇入館者が一定数を超えた場合には、入場制限を行います。
    入場制限時、会場付近にはお待ちいただく場所はございません。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。