宮城県美術館所蔵 絵本原画の世界2022展

山脇百合子「そらいろのたね」2-3頁原画 宮城県美術館所蔵

山脇百合子「そらいろのたね」2-3頁原画 宮城県美術館所蔵

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20220716日 -  20220828
開催時間
9時00分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日
7月18日、8月15日は開館、7月19日(火)
入場料
有料
一般:1,000円(840円)、大学生:500円(420円)
※( )内は20名以上の団体料金、県内宿泊者割引料金 ※高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参) ※県内65歳以上の方は無料(健康保険証等持参) ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
山梨県立美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
山梨県立美術館
住所
〒400-0065 山梨県
甲府市貢川1-4-27
最寄り駅
甲府
電話番号
055-228-3322

詳細

展覧会内容

 世代を超えて愛される絵本を数多く生み出してきた月刊「こどものとも」(福音館書店)。1956年に創刊し、子どもたちに上質な美術体験を与える絵本を生み出そうと、様々な芸術分野の第一線で活躍する作家たちを絵本づくりに巻き込んでいきました。作家たちは、絵本づくりを重要な表現の場として、思い思いの手法や可能性を試しました。また、そこからは、「ぐりとぐら」の山脇百合子に代表されるような、絵本を主な活動の舞台とする作家も育っていきました。
本展では「こどものとも」を語るに欠かせない名作絵本の原画作品を多数展示します。これらは、今日、芸術の一分野にまで高められ、子どものみならず大人にも愛好されるようになった絵本について、その原点と歩みを語ってくれることでしょう。また、作家たちが心を込めて描いた原画作品の芸術的な豊かさに触れることで、絵本の世界の奥深さを改めて知る絶好の機会となるに違いありません。
なお、本展には、当館所蔵のミレーの《種をまく人》にちなんで「そらいろのたね」(山脇百合子)が特別出品されます。

出品作家
秋野不矩AKINO, Fuku 1908-2001
朝倉摂ASAKURA, Setsu 1922-2014
池田龍雄IKEDA, Tatsuo 1928-2020
太田大八OTA, Daihachi 1918-2016
★太田忠OTA, Chu 1908-1971
小野かおるONO, Kaoru 1930-2020
★串田孫一KUSHIDA, Magoichi 1915-2005
★クロード岡本OKAMOTO, Claude 1946-
小出保子KOIDE, Yasuko 1938-2010
★齋藤眞成SAITO, Shinjo 1917-2019
佐藤忠良SATO, Churyo 1912-2011
★竹山博TAKEYAMA, Hiroshi 1923-1994
長新太CHO, Shinta 1927-2005
寺島龍一TERASHIMA, Ryuichi 1918-2001
中谷千代子NAKATANI, Chiyoko 1930-1981
★中谷貞彦NAKATANI, Sadahiko 1926-2007
なかのひろたかNAKANO, Hirotaka 1942-
西巻茅子NISHIMAKI, Kayako 1939-
★馬場のぼるBABA, Noboru 1927-2001
林明子HAYASHI, Akiko 1945-
土方久功HIJIKATA, Hisakatsu 1900-1977
堀文子HORI, Fumiko 1918-2019
★松下紀久雄MATSUSITA, Kikuo 1917-2010
水四澄子MIZUSHI, Sumiko 1925-2019
★三好碩也MIYOSHI, Sekiya 1924-1997
★村田道紀MURATA, Michinori 1924-1977
村山知義MURAYAMA, Tomoyoshi 1901-1977
矢吹申彦YABUKI, Nobuhiko 1944-
山田三郎YAMADA, Saburo 1927-1979
山中春雄YAMANAKA, Haruo 1919-1962
山本忠敬YAMAMOTO, Tadayoshi 1916-2003
山脇百合子YAMAWAKI, Yuriko 1941-
吉井忠YOSHII, Tadashi 1908-1999
★渡辺三郎WATANABE, Saburo 1913-2013
※★は、宮城県美術館所蔵の絵本原画展に初出品の作家

関連イベント

① ワークショップ「きみも『ぐり』と『ぐら』になってみよう!」
 「ぐりとぐら」になりきって、展覧会を楽しもう!帽子・チョッキ、尻尾などをつくって身に着けて、「ぐり」と「ぐら」に変身します。
 日時:8月7日(日) 、8月14日(日) 13:30〜15:30 ※8月7日(日)開催分は受付終了。8月14日(日)に追加開催。
 定員:20名程度/参加無料(要申込)
 対象:どなたでも
 場所:ワークショップ室、特別展示室
 申込方法:電話申込(055-228-33222)
 申込期間:7月7日(木)〜定員になり次第締切

② お家でワークショップ「きみも『ぐり』と『ぐら』になってみよう!」
お家にある材料(色画用紙やフェルトなど)で帽子・チョッキ、尻尾などをつくり、身に着けて、「ぐり」と「ぐら」に変身します。そして写真に撮り、美術館に送信してください。送られた写真は美術館に展示します。
 対象どなたでも
 写真送付先:artfukyu4130@gmail.com
 送付期間:7月16日(土)〜8月21日(日)

③ 記念講演会「絵本原画を見る楽しみー宮城県美術館絵本原画コレクションから」
 日時:7月23日(土) 14:00〜15:30
 講師:菅野仁美氏(本展企画者、宮城県美術館研究員)
 定員:先着50名/聴講無料(申込不要)
 場所:講堂

④ ミュージアム・シアター
「ベイブ」(1995年、約90分、日本語吹き替え版)
子豚が牧羊犬として活躍する物語。動物たちがお喋りします。吹き替え版なので子どもたちも楽しめるコメディ映画です。
 日時:8月20日(土)13:30〜
 定員:先着50名/鑑賞無料(申込不要)
 場所:講堂
 ※13:00より会場前にて整理券配布。
 ※上映作品は変更になる場合があります。

イベントにご参加の方にはミレーの缶バッジをプレゼント!

主催・協賛・後援

主催:山梨県立美術館、山梨日日新聞社・山梨放送
後援:テレビ山梨、テレビ朝日甲府支局、朝日新聞甲府総局、毎日新聞甲府支局、読売新聞甲府支局、産経新聞甲府支局、共同通信社甲府支局、時事通信社甲府支局、山梨新報社、日本ネットワークサービス、エフエム富士、エフエム甲府
特別協力:宮城県美術館、福音館書店
協力:山梨交通
企画協力:キュレイターズ

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。