日本工芸会陶芸部会50周年記念展 未来へつなぐ陶芸―伝統工芸のチカラ展

岡田泰《淡青釉鉢》 2019年 個人蔵

岡田泰《淡青釉鉢》 2019年 個人蔵

openstatus
あと17日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220702日 -  20220828
    開催時間
    9時00分 - 17時00分
    最終入場時間 16時30分まで
    休み
    月曜日
    7月11日(月)、7月19日(火)、7月25日(月)、8月8日(月)、8月15日(月) 、8月22日(月)
    入場料
    有料
    一般 1,500(1,300)円、学生 1,300(1,100)円、70歳以上の方 1,200(1,000)円
    【開催中の普通展示もご覧いただけます】
    ※ ( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
    ※18歳以下の方および高等学校、中等教育学校、特別支援学校の生徒は無料。
    ※身体障害者手帳、療育手帳、戦傷病者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者(1名)は無料。
    ※前売券は、ローソンチケット(Lコード63127)、セブンチケットでお求めになれます。
    ※割引券は県内各プレイガイドおよび道の駅、旅館等観光施設に設置しています。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    山口県立萩美術館・浦上記念館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    山口県立萩美術館・浦上記念館
    住所
    〒758-0074 山口県
    萩市平安古586-1
    最寄り駅
    電話番号
    0838-24-2400

    詳細

    展覧会内容

    我が国が誇る工芸技術「陶芸」は、時代とともに技法や表現が多様化し、現代まで著しく進化を遂げてきました。とりわけ昭和戦後期以降には、陶芸家の創作活動が活発化し、意欲的な作品が次々と発表されています。

    1950年、陶芸をはじめ、さまざまな分野の工芸技術の保存と活用を目的に、文化財保護法が施行され、その5年後の文化財保護法改定を機に、日本工芸会が発足しました。日本工芸会は重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝)を中心に、各分野の伝統工芸作家、技術者等で組織され、「日本伝統工芸展」を中心に作品を発表。そして1973年には、同会陶芸部所属の作家による「第1回新作陶芸展(陶芸部会展)」が開催され、現在に至っています。

    本展は日本工芸会陶芸部会50周年を記念した展覧会であり、同会で活躍した作家の秀作とともに、その活動の歴史を振り返るものです。歴代の人間国宝作品をはじめ、窯業地ならではの素材と伝統を受け継いだ作家らによる作品、茶の湯のうつわなど、伝統工芸の技と美を紹介いたします。さらに未来を担う若手作家らの作品も見どころのひとつといえるでしょう。現代陶芸の今に焦点を当てた本展では、陶芸部会所属作家を中心に、さらにそれ以外の陶芸家の作品を含め、137名の作家による名品139点を展覧いたします。

    関連イベント

    (1)特別対談「非対称性へのまなざし」 
    ※要観覧券、要事前申込(先着40名)
    日時 8月6日(土)、13:30~15:00
    講師 中野信子氏(脳科学者)×唐澤昌宏氏(国立工芸館館長、本展監修者)
    会場 本館講座室(40席)

    (2) アーティスト・トーク (出品作家によるトーク)
    ※要観覧券、要事前申込(各日・先着20名)

    8月7日(日)・新庄貞嗣氏
    8月14日(日)・岡田泰氏
    8月21日(日)・渋谷英一氏
    いずれも11:00~(30分~1時間程度) 
    会場:本館2階展示室

    お申込みは電話またはWEBで(受付開始日時:6月11日(土)9:00)
    《電話》0838-24-2400にて、①~④をお知らせください。
    ①参加希望日 ②参加希望者全員の氏名 ③年齢 ④代表者の日中のご連絡先
    《WEB》当館ホームページをご覧ください。
    ◆イベントのリピート参加にはメンバーズクラブのご入会をおすすめします。詳しくは当館ホームページで案内しております。(入会受付は7月31日まで)

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。