尾形月耕の美人画

尾形月耕「美人花競 秋海棠」 大判錦絵 明治20年代 (1887~1896)

尾形月耕「美人花競 秋海棠」 大判錦絵 明治20年代 (1887~1896)

openstatus
あと17日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220726日 -  20220828
    開催時間
    9時00分 - 17時00分
    最終入場時間 16時30分まで
    休み
    月曜日
    祝日・休日・第一月曜日は開館、祝日・休日で開館した月曜日の翌平日、年末年始、展示替え期間
    入場料
    有料
    一般300(240)円、学生200(160)円
    70歳以上と18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、 特別支援学校に在学する生徒は無料です。
    ※( )内は20名以上の団体料金です。
    ※特別展示は展覧会によって観覧料が異なります。
    特別展示についての詳細は、公式サイトをご確認ください。
    ※身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持されている方および、その介護者(1名)は無料です。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    山口県立萩美術館・浦上記念館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    山口県立萩美術館・浦上記念館
    住所
    〒758-0074 山口県
    萩市平安古586-1
    最寄り駅
    電話番号
    0838-24-2400

    詳細

    展覧会内容

    錦絵の終焉期に活躍した尾形月耕(おがたげっこう 1859~1920)は、絵を独学で学び輸出用工芸品の下絵職人などを経た後、雑誌の挿絵画家として活躍を開始しました。新たな大衆メディアである新聞挿絵では水野年方(1866~1908)とともに双璧として人気を分かちます。
    錦絵では、日本画風の淡い彩色の美人画や歴史画を大作のシリーズで発表しました。肉筆画も手がけて日本美術協会、各博覧会などに出品し、明治31年(1898)創立の日本美術院に参加して同人となり、町絵師から日本画家へと転身していきました。今回は尾形月耕の美人画を中心にご覧いただきます。

    関連イベント

    ギャラリー・トーク〈担当学芸員による展示作品解説〉
    いずれも11:00~(30分程度)
    7月9日(土)水野利方
    7月23日(土)陶―創造の逸脱力
    8月27日(土)尾形月耕の美人画
    【定員】各日10名(要事前予約・要観覧券)
    ※予約方法は当館公式サイトをご確認ください。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。