日本の中のマネ ー出会い、120年のイメージー

石井柏亭 《草上の小憩》 1904(明治37)年 油彩、オイルパステル、カンヴァス 東京国立近代美術館

石井柏亭 《草上の小憩》 1904(明治37)年 油彩、オイルパステル、カンヴァス 東京国立近代美術館

openstatus
あと18日後に開催
    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220904日 -  20221103
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は17時30分まで
    休み
    月曜日
    ただし、9月 19日(月・祝)と 10月 10日(月・祝)は開館、
    翌 9月 20日(火)と 10月 11日(火)は休館
    クリエイター在廊
    入場料
    有料
    一般 1,000 円、高校・大学生、および65~74歳 800 円、中学生以下および 75 歳以上無料
    ※障害者手帳をご提示の方(介添者 1 名まで)は、一般 500 円、高校・大学生400円
    ※一般以外の方(無料・割引対象者)は、年齢等が確認できるものをお持ちください
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    練馬区立美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    練馬区立美術館
    住所
    〒176-0021 東京都
    練馬区貫井1-36-16
    最寄り駅
    中村橋
    電話番号
    03-3577-1821

    詳細

    展覧会内容

    19世紀フランスを代表する画家エドゥアール・マネ(1832‐83)の日本における受容について考察する展覧会です。
    画家で美術批評家の石井柏亭は、マネの《草上の昼食》(1863年、オルセー美術館、パリ)にインスピレーションを得て、《草上の小憩》(1904・明治37年、東京国立近代美術館)と題された作品を手掛けました。彼以外にも山脇信徳や安井曾太郎、山本鼎、村山槐多、小磯良平らの作品に、マネからの影響が見受けられます。それは模写であったり、筆触の類似性、そして構図やモチーフの借用であったりと様々です。また、マネへの理解をとりわけ強く主張したのは、批評家であったとも言えます。先述の石井や医師で詩人、小説家、美術批評家の顔を持つ木下杢太郎は、批評家としての発言の中で、マネを理解することこそが西洋近代絵画を受容する上で不可欠であると主張しています。
    しかしながら、我が国における洋画黎明期の美術家や批評家たちに見られるマネからの影響については、断片的に指摘されることはあってもまとまった形で示されたことはありません。明治から昭和初期までに見られる作品や批評を通して、日本における「マネとの出会い」について振り返ります。
    そして、この出会いから現代にかけて、マネの理解はどのように変化したのでしょうか。私たちはすでに西洋近代美術史の文脈に則り、マネについて認識しているとは言え、欧米の人々、または明治の人々と同じ眼でマネ作品を見ているというわけではありません。そこで、現代の日本におけるマネ・イメージを探るにあたり、美術家の森村泰昌や福田美蘭の作品から、それぞれの独自の視点で展開するマネ解釈を紹介します。
    本展では、日本に所在する17点のマネの油彩画(パステル画を含む)のうち7点のマネ作品を中心に、印象派や日本近代洋画、そして資料などの約100点を通して、明治から現代にかけての日本におけるマネ・イメージに迫ります。

    第1章 クールベと印象派のはざまで
    「現代生活」を描いたマネは、写実主義の画家クールベが社会そのものを捉えたように、都市生活の「ありのまま」を描きました。けれども、マネ自身は写実主義を標榜することはありませんでした。またマネは、モネやルノワールなどの印象派の画家たちと親交があり、彼らのリーダー的立場にありながらも、いわゆる「印象派展」に出品することはありませんでした。マネを印象主義の画家として位置付け難いのも、このためです。
    このように、マネは、写実主義と印象主義の中間に位置するような立ち位置にあるため、いったいどこに属する画家と考えるべきかという問題が常につきまといます。
    本章では、クールベから印象派までの作品を展覧する中で「モダニズムの画家」として留まっていたマネ理解を前進させて、西洋近代美術史における位置づけを再考します。

    第2章 日本所在のマネ作品
    日本に所在するマネ作品は、バルビゾン派や印象派の所蔵に比べて決して多いとは言えません。ここでは、日本にはじめて持ち込まれたマネ作品から、晩年における名品の1点として知られる《散歩》(1880-81年頃、東京富士美術館)、そしてマネが数多く取り組んだ版画を紹介します。
    《散歩》は、日本におけるマネ作品の中でも、女性の肖像画と都会人の生活情景を写した風俗画という二面性を持つ珍しい作品です。他に類を見ない完成度と美しさを誇っています。また、マネの版画作品は、そのほとんどが自らの油彩画から起こしたもので、制作における実験的挑戦を垣間見ることができます。

    第3章 日本におけるマネ受容
    最初に表れたマネへのオマージュは、1904(明治37)年に描かれた石井柏亭の《草上の小憩》です。散歩の途中で、草原に座り休憩する石井の弟妹たちの姿が描かれた、微笑ましい情景がスナップ写真のように捉えられています。
    そして、はじめてマネの名が登場するのは、明治・大正を代表する医師で小説家、評論家、翻訳家の森鷗外による著述です。マネにとって最初の擁護者であり、フランス自然主義文学を代表するエミール・ゾラと彼の美術批評について説く中で、マネの名が登場します。
    本章では、明治から昭和初期にかけての絵画と批評を通して、我が国におけるマネ受容を考察します。

    第4章 現代のマネ解釈―森村泰昌と福田美蘭
    日本の現代作家は、西洋近代美術の巨匠をどのように解釈するのでしょうか。美術家の森村泰昌と福田美蘭の作品から、現代のマネ・イメージを提示します。
    福田は、新作を発表することで、彼女の近年のマネ解釈を提示してくれることでしょう。

    主催・協賛・後援

    主催:練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
    協力:兵庫県立美術館、DNP大日本印刷

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。