驚くべき学びの世界展

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20120218日 -  20120315
開催時間
10時00分 - 20時00分
休み
休館日 2/21(火)、2/22(水)
この情報のお問合せ
三菱地所アルティアム 092-733-2050
情報提供者/投稿者
poster
開催場所
三菱地所アルティアム
住所
〒810-0001 福岡県
福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
最寄り駅
福岡
電話番号
092-733-2050

詳細

展覧会内容

■北イタリアの小さな町、レッジョ・エミリアで生まれた、世界最高水準の教育実践。

《北イタリアの町 レッジョ・エミリアの創造的な教育とは》
 三菱地所アルティアムでは、レッジョ・エミリアの幼児教育の創造性に注目した展覧会「驚くべき学びの世界展」を開催致します。近年、世界最高水準の教育実践として注目を集めているレッジョの教育を、子どもたちの新鮮な驚きから生まれた作品やドキュメント映像を通して紹介し、アートと結びついた幼児教育の創造性を探ります。
 レッジョ・エミリア市は、北イタリアでボローニャを州都とする文化的な地方エミリア・ロマーニャ州に位置する人口約14万人の地方都市です。レッジョで行われる教育実践、レッジョ・アプローチの起源は、第二次世界大戦直後に人々が戦車や軍用トラックを売り払い、手づくりで始めた「自分たちの学校」でした。そこに、ローリス・マラグッツィ(1920-1994)という素晴らしい教育者が加わり、独自の方向性とインスピレーションを与え開花し、世界一の水準に高められていきました。市内すべての乳児保育所(0~2歳)と幼児学校(3~6歳)においてレッジョ式教育が実践されています。

《「驚き」を育む芸術の専門家“アトリエリスタ”、活動記録“ドキュメンテーション”の活用》
 なぜ、アートギャラリーで教育に関する展覧会を実施するのか?その問いの答えに、レッジョ・アプローチの特徴があります。その特徴は、芸術の専門家“アトリエリスタ”と呼ばれる人材を各園に配置し、芸術を通じて子どもの創造力や、自主性の発育を促している点にあります。日々の活動の中で芽生えた子どもたちの「驚き」を受け止め、大切に育て、そこから新しいプロジェクトを生み出していきます。展覧会のタイトルにも含まれている「Wonder=驚き、不思議」とは、「“学ぶこと、知ること、理解することの不思議”さは、人間が他人と向き合うことによって得る最初の重要で基本的な、感覚の一つである」というマラグッツィの言葉からとられたものです。予定された結果を伝えてゆくのでなく、教育者も、子どもたちとともに、常に新しい発見を求めることがレッジョの原点であり、それはWonder(不思議)なのです。
 「驚き」を受け止め、育むために、また、保育者と保育者、保育者と親を繋ぐ絆として、レッジョでは活動の細かな記録“ドキュメンテーション”が残されています。この“ドキュメンテーション”は、子どもの発達を観察し研究するツールとして役立っています。保育者たちのミーティング、親と市民が集まって教育について議論する学習会で活用され、その先の教育へと繋がってゆくのです。

■展覧会ではレッジョの最新の取り組みを紹介!福岡展オリジナルのイベントも会期中に実施

 本展ではレッジョで取り組まれたプロジェクトを、写真や映像、子どもたちの作品などを通して紹介します。特に2000年以降取り組んでいる最新の試み、現在進行形のプロジェクトを中心に紹介します。「場所との対話」「モノ(素材)との対話」「書くことの魅力」「光線」など、レッジョらしい自由さ、社会性、柔軟性に富んだものを取り上げます。レッジョの取り組みを見ることで、アートと人の純粋で刺激的な関係が浮かび上がってくるのです。
 「驚くべき学びの世界展」は世界中を巡り、日本でも東京、金沢、京都で開催されてきました。福岡展では、オリジナルの企画として、レッジョが住民たちのゆるぎない協力によって継続、発展してきたことを踏まえて、子どもと町を結ぶ様々なイベントを実施します。町全体が子どもを育んでいく、そうすることで町自体が豊かになっていく…そのきっかけとして、展覧会やイベントを通して「驚き」を一緒に感じてみてください。

下記イベントに関する全てのお問合せは、三菱地所アルティアム092-733-2050
この他にも様々な会場で、子どもに関係するイベントが開催されます。
詳細は、webにてご案内致します。

◆託児「子どもたちとイムズのまち」
子育て中のお父さんやお母さんにもじっくりと展示を見て感じて頂きたいとの想いから、期間中の4日間託児ありの日を設けますので、どうぞご利用ください。お父さん、お母さんが展示をご覧になっている間、子どもたちはイムズのまちに出て、まちの人達と触れ合いながら楽しく遊びます。
【日時】2/27(月)、2/29(水)、3/1(木)、3/2(金)
 全日程ともに10:30~12:00、15:00~16:30
【会場】イムズ館内/受付は三菱地所アルティアム
【対象】歩けるようになったお子様どなたでも
【参加費】1,000円(展覧会入場券・保険料含む)
※受付方法は後日ご案内いたします。

◆ワークショップ「光のアトリエ」
福岡在住のアーティスト・建築家・写真家・保育士など様々な専門家といっしょに、光の装置を使っておもいっきり遊びます。普段きづかなかった、光や影・カタチの面白さへのきづき、子どもたちの発見を、大人もいっしょにたのしみましょう。
《アトリエのおとな》
赤岩やえ(アーティスト)、井手健一郎(リズムデザイン)、亀山ののこ(写真家)、坂口舞(設計機構ワークス)、城一裕(東京芸術大学AMC)、城真衣子(保育士)、津田三朗(造形家)、Rainbows(音楽隊)、三菱地所アルティアム
【日時】2/28(火)10:00~20:00 ※開館中随時ご参加いただけます
【会場】イムズプラザ(イムズB2F)
【参加費】無料(当日受付で参加可能)

◆カフェトーク「子どもの会議」
パパやママ、子どもに携わる職業の方々でも忙しく日々を過ごす中で「子ども」の話をじっくりする機会が意外にないのが現状ではないでしょうか。ワークショップでの子どもたちの様子の写真を元に、のんびりお茶を飲みながら子どもの話をしましょう。お子様連れも歓迎です。
【日時】3/3(土)、3/10(土)
 両日共に11:00~、18:30~ 
【会場】三菱地所アルティアム(イムズ8F)
【参加費】無料(展覧会入場券が必要です)

◆クロージングパーティー
福岡で子どもやアートに携わる皆様をお招きし、展覧会関連イベントやこれからの「まちと子どもの関係」についてお話します。交流の機会として、どなた様もお気軽にご参加下さい。
【日時】3/15(木)18:00~
【会場】三菱地所アルティアム(イムズ8F)
【参加費】無料(パーティーの時間帯のみ展覧会入場無料)

主催・協賛・後援

□主催 三菱地所、三菱地所アルティアム、西日本新聞社
□後援 福岡県、福岡県教育委員会、福岡市、福岡市教育委員会、(財)福岡市文化芸術振興財団、福岡県国公立幼稚園協会、福岡県私立幼稚園振興協会、福岡県PTA連合会、福岡市PTA協議会、福岡市子ども会育成連合会
□協力 ワタリウム美術館、レッジョ・チルドレン、レッジョ・エミリア市、子どもたちの100の言葉展実行委員会
□助成 日本財団
□監修 佐藤学(東京大学大学院教育学研究科教授)
□パネル翻訳 東京大学佐藤研究室
□パネルデザイン 山本和久(DonnyGrafiks)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。