こぐまちゃんとしろくまちゃん 絵本作家・わかやまけんの世界

『しろくまちゃんのほっとけーき』(こぐま社)より ©わかやまけん

『しろくまちゃんのほっとけーき』(こぐま社)より ©わかやまけん

openstatus
あと2日後に開催
    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220702日 -  20220904
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入場は17時30分まで
    休み
    月曜日
    ※ただし2022年7月18日(月・祝)は開館、翌7月19日(火)は休館
    入場料
    有料
    一般:1,200円、65歳以上:1,000円、大高生:800円、中小生:500円 未就学児無料
    ※6月1日(水)正午より日時指定券発売(オンライン・クレジット決済またはd払い)
    ※障害者の方は500円。小中高大生の障害者の方は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    050-5541-8600(ハローダイヤル))*全日9:00 ~20:00
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    世田谷美術館
    住所
    〒157-0075 東京都
    世田谷区砧公園1-2
    最寄り駅
    用賀
    電話番号
    03-3415-6011

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    べストセラー『しろくまちゃんのほっとけーき』(1972年、こぐま社)などで知られる絵本作家・わかやまけん(若山 憲、1930-2015)。その創作の全貌を紹介する、はじめての展覧会を開催します。

    全15作からなる「こぐまちゃんえほん」シリーズ(こぐま社)は、1970年の記念すべき第一作『こぐまちゃんおはよう』の誕生以来、世代を超えて読み継がれてきました。本展では、日本の子どもたちがはじめて出会う絵本を作りたい、というコンセプトのもとに生まれた同作誕生50周年を機に、色あせることない魅力と知られざる創作の過程をご紹介します。

    また、やさしく幻想的な絵に現代社会へのメッセージを託した『きつねやまのよめいり』(1968年初版/1978年改訂新版、こぐま社)、泣き虫だけれど一生懸命な「おばけのどろんどろん」を主人公としたシリーズ(1980年-1989年、ポプラ社)、さらには日本の民話をテーマとした絵本や、詩集のための挿絵など、多彩な創作活動についても探ります。
    絵本原画や絵本制作の過程で刷られたリトグラフのほか、雑誌の表紙原画、関連資料など約230点によって、その豊かな作品世界をお楽しみください。

    展覧会のみどころ
    「こぐまちゃん」を描いたわかやまけん 初の大規模な回顧展
    「こぐまちゃんえほん」をめぐる小規模の展示はこれまでにも開催されてきましたが、その生みの親である絵本作家・わかやまけん(若山憲)の創作世界の全貌をたどる全国規模の展覧会※は初の試みです。
    ※JR名古屋髙島屋/北九州市立美術館分館/ひろしま美術館をすでに巡回終了
               
    「こぐまちゃんえほん」誕生から、創作の過程まで みて、知ることができます
    『しろくまちゃんのほっとけーき』(1972年、こぐま社)などで知られる「こぐまちゃんえほん」シリーズですが、実は若山憲ひとりによる作ではありません。こぐま社創業者であり編集者の佐藤英和の発案で、劇作家の和田義臣、児童文学者の森比左志、そしてグラフィックデザイナー出身の若山憲が集まり、テーマの設定からストーリー展開、文とことば、そして絵にいたるまで、4人の合議制で制作していました。ちょうど子育ての真っ最中だった若山憲は、わが子の日常を観察、スケッチして編集会議に参加していたようです。

    「こぐまちゃんえほん」シリーズは、美しい発色のために、6色の特別な「こぐまちゃんインク」を、1色ずつ刷り重ねる方式で作られています。そのため、若山憲は1ページの絵のために、6枚の原画を描きました。本展では、『しろくまちゃんのほっとけーき』表紙絵の「描き分け原画」も展示。その制作行程をご紹介します。さらにはシリーズが発表となる前に描かれた、貴重な下絵も展示されます。
    また、完成した絵本でみられるような、すべての色が彩色された「原画」というものは存在しないため、本展では、絵本を印刷する際に参考にするためなどに制作された、すべての色が一枚に刷られたリトグラフを展示しています。

    「こぐまちゃん」のほかにも!ひろがる絵本作家・わかやまけんの世界
    若山憲が自ら絵と文の両方を手掛けた「創作絵本」はもちろん、新美南吉・作「てぶくろをかいに」や「ごんぎつね」など名作に絵をつけたり、民話を絵本に再構成したり。さらには、詩集の挿画にも積極的に取り組んでいます。「こぐまちゃんえほん」とはまた異なる魅力を放つ作品群に、美しい色づかいと繊細な表現が際立つ画家・若山憲の原画は必見です。ぜひ間近でそのタッチをご覧ください。

    関連イベント

    同時開催展 本展観覧券にてご覧いただけます
    ミュージアム コレクションⅠ「美術家たちの沿線物語 大井町線・目黒線・東横線篇」開催中-7/24(日)
    ミュージアム コレクションⅡ「荒井良二のアールぶるっと! こんなに楽しい世田谷美術館の収蔵品」8/6(土)-11/20(日)

    主催・協賛・後援

    主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、東京新聞
    後援:世田谷区、世田谷区教育委員会
    特別協力:こぐま社
    協力:偕成社、銀の鈴社、クレヨンハウス、佼成出版社、至光社、社会福祉法人 全国社会福祉協議会、世界文化社、童心社、ポプラ社、ほるぷ出版

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。