兵庫県立美術館開館20周年 関西の80年代

吉原英里《M氏の部屋》(部分)1986年番画廊での展示風景 作家蔵 撮影:濱田弘明

吉原英里《M氏の部屋》(部分)1986年番画廊での展示風景 作家蔵 撮影:濱田弘明

openstatus
あと52日後に終了
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220618日 -  20220821
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入場は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日
    ただし7月18日(月・祝)は開館、19日(火)休館
    入場料
    有料
    一般:1,500(1,300)〔1,300〕円 大学生:1,100(900)〔900〕円 高校生以下無料 70歳以上:750(650)円 障がいのある方(一般):350(300)円 障がいのある方(大学生):250(200)円
    ※( )内は20名以上の団体料金、〔 〕内は前売料金です。 ※団体:20名以上(団体鑑賞をご希望の場合は1ヶ月前までにご連絡ください) ※前売販売期間:5月10日(火)~6月17日(金)(会期中は販売しません) ※一般以外の料金でご利用される方は証明書を観覧当日ご提示ください。 ※障がいのある方1名につき、介護の方1名無料です。 ※コレクション展は別途観覧料が必要です(本展とあわせて観覧される場合は割引があります)。 ※混雑時は人数制限を行いますので、お待ちいただく場合がございます(予約制ではありません)。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    兵庫県立美術館 078-262-1011
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    兵庫県立美術館
    住所
    〒651-0073 兵庫県
    神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1 [HAT神戸内]
    最寄り駅
    岩屋
    電話番号
    078-262-1011

    詳細

    展覧会内容

    兵庫県立美術館の開館20周年を記念し「関西の80年代」を開催します。
     なぜ、いま80年代なのでしょうか?
     当館の前身である兵庫県立近代美術館では、かつて「アート・ナウ」というシリーズ展を開催していました。その年、目覚ましい活躍をみせた作家を紹介し、関西アート・シーンのいまを伝えようとする名物展覧会でした。特に80年代にはまだ20代の作家が続々と参加し、競うように大作を発表する場となります。折しも関西では活きのいい若手が「関西ニューウェーブ」として注目を集めており、この地域ならではの前例にとらわれない個性的な表現ゆえに、現代美術は「西高東低」とも言われました。
     時代はバブル景気とポストモダン、何とも華やかで恵まれた状況にも思われますが、いまや国内外で活躍する作家たちも当時はまだ駆け出しです。70年代の禁欲的な傾向とは一転、心躍る色やイメージにあふれた作品群は、ニッポンの片隅で美術作家として何を作りどう生きていくのか、大いに悩みつつそれぞれのリアリティを掘り下げた成果であり、結果的に現代にまで引き継がれる数々の表現語彙を生み出しました。
     現代アートの原点とも言える80年代、関西発の類を見ない作品群は、困難ないまをよりよく生きるヒントを与えてくれるに違いありません。

    [みどころ]
    〇「現代美術は西高東低」とも言われた1980年代、関西ならではの類を見ない作品群を一堂に紹介します。

    〇前身の兵庫県立近代美術館時代に、シリーズ展「アート・ナウ」で「関西ニューウェーブ」など当時の動向をいち早く紹介してきた兵庫県立美術館の開館20周年を記念して開催する企画展です。

    〇空間全体を使ったインスタレーションなど、今も国内外で活躍を続ける作家たちによる若き日の実験作を中心に、この時代特有のストレートなパワーに満ちた作品を展示します。

    〇若い世代はもとより、80年代をリアルタイムで知る世代にとっても、ただ懐かしいだけではない新鮮な作品の姿を通じ、困難ないまを生きる観客に芸術のポジティブな力を発信します。

    主催・協賛・後援

    主催:兵庫県立美術館、朝日新聞社
    助成:芸術文化振興基金、公益財団法人ポーラ美術振興財団
    協賛:公益財団法人伊藤文化財団
    特別協力:公益財団法人日本教育公務員弘済会 兵庫支部

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。