武田尋善 個展「舞い上がる世界」

takeda.jpeg
openstatus
あと16日後に開催
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220607日 -  20220612
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    ※最終日は17:00まで
    ※社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます。
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    E-mail info@gallerycomplex.com
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    The Artcomplex Center of Tokyo
    住所
    〒160-0015 東京都
    新宿区大京町12-9 アートコンプレックスセンター 2F
    最寄り駅
    信濃町
    電話番号
    03-3341-3253

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    武田尋善 個展「舞い上がる世界」

    空の星はいつも同じところを回っているようでいて、同じところを通ることはない。
    繰り返すようで繰り返すことはなにもない。
    どんなものも常に変わり続けて動き続ける。
    ずっと変わらないように見える月や星も自由に舞い上がらせて
    新鮮に踊るように絵を描きたい。
    と常に思っています。
    銅版画を中心に、ペン画や粘土作品、木彫作品なども展示します。

    ■ 会期
    2022/6/7(火)-6/12(日)
    11:00-19:00 ※最終日は17:00まで
    ※社会情勢により開催日程や入場方法が変更になる可能性がございます。

    ■ 会場
    The Artcomplex Center of Tokyo
    160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT4
    TEL 03-3341-3253
    E-mail info@gallerycomplex.com

    ■ 入場料 無料

    ■ webページ
    http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT224/takeda_hiroyoshi.html

    ■ ACTオンラインショップ
    https://gallerycomplex.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2608702&csid=0
    こちらより作品のご購入をいただけます

    ■ 出展作家
    武田尋善 Takeda Hiroyoshi

    1977年生まれ。学生のころはヒンディー語を学ぶが、ヒンディー語の通じない南インドに行ってしまう。(後に南インド、タミル・ナードゥ州の言葉を学習することになる)
    その後インドを封印し、路上パフォーマンスやアクションペインティング、作品制作と個展の日々。
    しかしインドの縁は深く、インド料理ユニット『マサラワーラー』を結成し、各地で様々なパフォーマンスを行う。
    封印していたインド部分を開放し、『世界遺産予定展』を開催。
    インドの封印を解いたことで『アート』からの呪縛からも開放される。
    旅先で偶然手にした小さい楽器『口琴』にはまり、いつでもどこでも自由に演奏できることに目から鱗が落ちる。
    より軽く、より自由に、場所にも画材にも縛られない制作をするため、スケッチブックへのボールペン画の制作を意欲的に行うようになる。
    『燦然世界』『茸帽子道中見聞録』などの個展を開催。
    個展にストーリー性がつき、よりテーマが具体的になる。
    一貫して、宇宙、生命、人類学、動物、連続性、輪廻、迷宮、旅、フラクタルなどについての関心が強い。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。