Chim↑Pom from Smappa!Group

Chim↑Pom from Smappa!Group

Chim↑Pom from Smappa!Group

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20220427日 -  20220604
開催時間
12時00分 - 18時00分
休み
日曜日,月曜日,祝日
入場料
無料
この情報のお問合せ
ANOMALY
情報提供者/投稿者
開催場所
ANOMALY
住所
〒140-0002 東京都
品川区東品川1-33-10 Terrada Art Complex 4F
最寄り駅
天王洲アイル
電話番号
03-6433-2988

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

予てよりホワイトキューブという現代美術のメインサイトの枠外で活発に活動し、逆説的に現代美術フィールドの坪数を押し拡げてきたChim↑Pom from Smappa!Groupは、グループ結成時より「街」と深い関係にあります。街や日常にある現物やそこで起こる事象を美術館やギャラリーに持ち込み、場所を異化させ、時代のリアリティを忖度なく追求してきた彼らは、独自の視点から都市論を展開してきました。
コロナ禍にあった「Tokyo 2020」オリンピック開催前後のドタバタや、大阪・関西万博を控えスクラップアンドビルドが繰り返される日本の街中で、なにが採択され、なにが排除されているかを日々痛感するChim↑Pom from Smappa!Groupが、多様性をもった街の在り方とはなにかを問います。

今回の展覧会では、Chim↑Pom from Smappa!Groupの改名の由来でもある、歌舞伎町のホストクラブを中心とした企業、Smappa!Groupの協力を得て制作された、新作映像とライトを用いた作品を発表します。新型コロナのクラスター発生源の代表格としてネガティブで根拠の乏しい風評を浴び社会の一員であることから除外される風潮にある「夜の街」の人々とアーティスト、どちらも「水商売」とも言われる者同士の協働です。

また本展覧会では、森美術館でも展示されている《性欲電気変換装置エロキテル》の、別バージョンの新作を発表いたします。このエロキテルはかつて実際に歌舞伎町にあった街路灯を用い、ピンク広告を見た不特定多数の成人からの電話の着信電波をセンサーで感知して発光するもので、限りある資源の代替として「性欲」を電気に変換し、永久に安定したエネルギーを供給すべく開発された作品です。どんなエネルギーも無駄にしない、まさにエコロジカルでサステイナブルな思想を作品として昇華させた、Chim↑Pom from Smappa!Groupの個性的な「パブリックアート」です。
加えて、森美術館に設置され育てられている「道」を「月の土地」のような発想と解釈で仮想「土地」として概念上坪分けし、NFT化する試みも行います。

Chim↑Pom from Smappa!Groupの代表作である《スーパーラット》は、EDI MAKのコミッションによる映像作品と共に、個展会場である森美術館内ではなく、長い協議を経てその経緯や今後のあり方を議論する場として作られた別会場、「ミュージアム+アーティスト共同プロジェクト・スペース」に展示されています。
Chim↑Pom from Smappa!Groupは、 ハッピースプリングが開幕してからこの2ヶ月あまりの間に、その存在の周知徹底や限定的な予約システムの改善を美術館と話し合ってきました。4月からは予約も当日だけでなく会期中可能となるなど一部改善されましたが、共同スペースの一端を担うChim↑Pom from Smappa!Groupは、それまでの間に多くの方々が見逃したことを深刻に受け止め、今回の個展ではその作品も展示いたします (共同プロジェクト・スペースに行ける方は、是非そちらで!) 。

「排除されても駆除されない」をキーワードに、懸命かつ明るい態度でみんなの「居場所」を切り開いていくChim↑Pom from Smappa!Group。
ダイバーシティやインクルージョンという概念が声高に謳われるようになり、どう実現していくか再検討や議論が活発になっている昨今。活き活きとして多様性をもった人間の姿を当然に社会が認め、さまざまな人々と共に生きるリアルとはどういうことなのか、また美術界はその概念をどう表現していくのかを問う展覧会です。

なお会期中には、Smappa!Groupを率いる手塚マキ や美術関係の方々などを招聘し、トークセッションを企画しております (登壇者・日時は追ってお知らせいたしますのでお楽しみに!) 。

都市の公共性、消費主義、飽和と貧困、震災や原発、境界やメディアなど、我々が今生きる社会をテーマに、その鮮烈な活動と作品の多くはタブーや暗黙の了解を明るみに出し論争を巻き起こしますが、どのようなことにも真摯に向き合い、深度の高い議論を築いていく、国内外ともに異例の評価を獲得しているChim↑Pom from Smappa!Groupです。本展でも二項対立による「正論」を展開するのではなく、むしろ世の中に複数の考え方が存在することで、様々な議論を開ければと考えています。

我々ギャラリーは、Chim↑Pom from Smappa!GroupやEDI MAK、また今回ご協力を仰ぐSmappa!Groupや本展関係各者、それぞれの信念に全幅の信頼をおき、様々な方々とディスカッションを開く場になれましたら本望です。
オンラインの時代ですが、やはりアクチュアルな展覧会は現場で体験していただきたく、黄金週間の祝日も開廊し (日月は休廊) 、Chim↑Pom from Smappa!Groupに伴走したいと思います。

みなさまには是非本展 Chim↑Pom from Smappa!Group のご高覧を賜りたく、ご来駕をお待ちしております。

A N O M A L Y
2022年4月吉日

新型コロナウイルス感染症予防対策

ご来廊に際してのお願い
*非接触の体温計にて体温測定させていただくことがございます。
*3密を避けるため、できるだけ少人数でお越しいただきますようお願いいたします。
*マスクの着用と、入場前に手指のアルコール消毒のご協力をお願い申し上げます。
*発熱や咳等の症状があるお客様はご来廊をご遠慮くださいませ。また検温により、入場時に37.5℃以上の場合、ご入場をお断りさせていただきます。

弊ギャラリーの対応について
・スタッフは全員、毎朝体温を測定し、健康状態を確認のうえ出勤しております。
・換気を行ないながら、営業いたします。
・スタッフは手洗いや手指の消毒をし、マスク着用でご対応いたします。
・お客様がお手を触れる場所の消毒を徹底いたします。

展覧会開廊日と時間について
・今後の社会情勢により、営業時間の変更などや、やむを得ず休廊となる場合がございます。
・最新情報は随時ウェブサイトにてお知らせいたしますので、ご来場前にご確認くださいませ。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。