春季特別展 ブッダのお弟子さん-教えをつなぐ物語-

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20220423日 -  20220619
開催時間
10時00分 - 17時00分
最終入館時間16時30分
休み
月曜日
入場料
有料

一 般1,300(1,100)円、高大生900(700)円、小中生500(400)円
※ ( )内は前売り・20名以上の団体料金
※ 小学生未満、障がい者手帳等の交付を受けている方およびその介護者1名は無料
※4月1日(金)から前売り券の発売を開始
作品の販売有無
展示のみ
この情報のお問合せ
075-351-2500
情報提供者/投稿者
開催場所
龍谷ミュージアム
住所
〒600-8399 京都府
下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
最寄り駅
京都
電話番号
075-351-2500

詳細

展覧会内容

西暦前5世紀頃、ブッダとなって仏教教団を誕生させたガウタマ・シッダールタ(釈尊)は、およそ45年をかけて、当時のインド社会、とくにガンジス川中流域を中心にその思想を広く説きました。釈尊の話を聞いて弟子となった人々は、バラモン、クシャトリア、名の知れた異教徒、資産家、理髪師、芸妓などその社会的立場や背景はさまざまです。のちに比丘・比丘尼、あるいは在家信者となった彼らの葛藤や活き活きとした姿は、仏教聖典の中に物語となって伝えられました。

一方、仏弟子のすがたは、ガンダーラの仏伝浮彫、インドの石窟寺院の壁画をはじめ東南アジア、そして日本を含む東アジア諸国で描かれた仏伝図や彫刻、やがて単独でも表されることとなった羅漢像など仏教美術作品としても登場します。たとえば日本でよく知られる仏弟子といえば、「おびんずるさん」(賓頭盧尊者)を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

“撫で仏”ともいわれ、自分が病んだところと同じ所を撫でると利益があると庶民の信仰も集めました。中国では寺院の食堂に安置され、その遺徳が偲ばれています。ほかにも、仏弟子たちの活躍は、狂言「名取川」や謡曲「舎利」といった曲、落語の「八五郎坊主」など日本の伝統芸能の中にも語られています。

今回の展覧会では、“仏弟子”が、釈尊の生涯の物語に頻繁に登場し、釈尊を支え最も活躍した 10人の直弟子(十大弟子)へと集約されたこと、そして釈尊の涅槃の時に「教えを護るためにおまえたちは滅してはいけない」と後を任された 16 人の高弟(十六羅漢)をはじめとする羅漢たちについて、また維摩居士に代表される在家信者などの姿を、インド・東南アジア・チベット・中国・朝鮮半島・日本で表された絵画や彫刻で紹介するとともに、仏教聖典に基づき彼らの特徴的なエピソードやそれぞれの個性にも注目します。

[展覧会の構成]
第1章:初めての仏弟子、そして釈尊に帰依した神々や人々
仏弟子には、初めての5人の仏弟子、そしてほかの優秀な弟子たち、それ以外にも多くの神々や人々がいますが、その境遇は様々です。ここでは、騙されて誤解しつつも最後には帰依した阿闍世(アジャセ)王、釈尊を襲ったことから悪者とされた提婆達多、人間の幼子をさらっていた鬼子母神(訶梨帝母/ハーリーティー)、人を殺めたアングリマーラ(指鬘外道)、祇園精舎を布施した給孤独(アナータピンダダ)、在家者でありながら出家者達を説法で打ち負かす維摩詰(ヴィマラキールティ)のエピソードを追いながら紹介していきます。

第2章:釈尊の涅槃を見まもった仏弟子たち ―釈尊からのメッセージ
初転法輪により仏教教団は誕生しました。後に、釈尊はその生涯を終えるとき「わたしの死後は、わたしの説いた教えとわたしの制した律とがおまえたちの師となる」と弟子たちに言い残しました。釈尊涅槃の際の弟子たちの様子は『涅槃経』に詳しく伝えられています。ここでは、「涅槃図」を中心にしてその様子を追っていきます。

第3章:仏弟子から十大弟子へ
十大弟子とは、釈尊の直弟子の中から選ばれた 10 人の高弟です。たとえば、釈尊の後継者とされながらも師より先に亡くなってしまった舎利弗や幼なじみの目連、師の涅槃に泣いてしまい心が乱れ長老の大迦葉から叱責された阿難が知られていますが、それぞれの個性は豊かで、さまざまな物語が伝わっています。ここでは、10 人のエピソードを紹介するとともに、インド周辺地域や東南アジア、東アジアで表された彼らの姿をみていきます。

第4章:羅漢と呼ばれた弟子たち
釈尊の生涯の物語には、阿羅漢(アルハン/供養に値するもの)といわれる仏弟子たちが登場します。十大弟子に続き、理想の出家者として尊ばれた 16 人の高弟は、十六羅漢として『法住記』(=『大阿羅漢難提蜜多羅所説法住記』)に纏められました。ここでは、16 人の特徴を『法住記』に先行する経典(とくに『アショーカ王物語』)とあわせてみていくことで、彼らが十大弟子のイメージを踏襲しその伝統を継いでいることを明確にしていきます。インドにおける仏教拡大のキーパーソンとなったアショーカ王をともに取り上げることで、仏教世界の多様性・広がりをみていきます。

第5章:羅漢図より読み解く出家者の生活
羅漢に代表される出家者には、厳しい自然環境下であっても、僧院でなくであってもその修行生活を全うすることが求められました。唐代末の 9 世紀頃には「釈尊入滅直後の第一結集に参加した 500人の阿羅漢は、いまも相応しい土地で戒と律とに則した修行生活を送っている」という伝説が広まりました。羅漢信仰の隆盛のなかで描かれ、「施食」「布薩」「水陸会」などの場面を捉えた羅漢図には、理想の出家者の在り方を再確認させる意味があったと考えられます。 ここでは、羅漢を群像で描く「五百羅漢図」を主に取り上げ、そこに表された出家者達の僧院生活の一端を紹介します。

前期2022年4月23日(土)〜2022年5月22日(日)
後期2022年5月24日(火)〜2022年6月19日(日)
新型コロナウイルス感染症の感染状況により、予定を変更することがあります。
最新の情報は龍谷ミュージアム公式サイトをご確認ください。

関連イベント

記念講演会「羅漢図から見る僧院生活」
日時 5月14日(土)
会場 龍谷大学大宮学舎東黌101教室
講師 西谷 功 氏(泉涌寺宝物館学芸員)
定員 150名
・聴講無料/観覧券が必要(観覧後の半券可)です。
・龍谷ミュージアムHP から事前申込が必要です。

記念講演会「律蔵から知る仏弟子たちの修行生活」
日時 5月21日(土)
会場 龍谷大学大宮学舎東黌101教室
講師 佐々木 閑 氏(花園大学文学部教授)
定員 150名
・聴講無料/観覧券が必要(観覧後の半券可)です。
・龍谷ミュージアムHP から事前申込が必要です。

体験プログラム「京都・石峰寺 伊藤若冲の羅漢さんに会いに行く」
学芸員による解説(会場:龍谷大学深草学舎)の後、京都市伏見区・石峰寺の羅漢像(下絵は伊藤若冲作)を拝観するプログラムです。展覧会と京都のお寺をさらに楽しみたい方にお勧め!
※事前申し込み必要(龍谷ミュージアムHP 内「お申込みフォーム」から)
・有料・先着20名・観覧券不要(参加費をお支払いの方に観覧券1枚をお渡しします)
日時 6月4日(土) 13:00 ~ 15:30
人数 先着20名
参加費 2,500円(展覧会観覧料、石峰寺拝観料、保険料を含む)
その他 行程等の詳細は 龍谷ミュージアムHP から

※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、予定を変更することがあります。
最新の情報は 龍谷ミュージアムHP をご確認ください。

主催・協賛・後援

主催:龍谷大学 龍谷ミュージアム、朝日新聞社、京都新聞

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。