琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳

神坂雪佳 『百々世草』より「狗児」 明治42~43年(1909~10)刊 細見美術館蔵

神坂雪佳 『百々世草』より「狗児」 明治42~43年(1909~10)刊 細見美術館蔵

  • 印刷する
  • present
  • add calendar
会 期
20220423日 -  20220619
開催時間
10時00分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日
入場料
有料
⼀般 1,500円 学⽣ 1,200円 
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
子連れ
この情報のお問合せ
細見美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
細見美術館
住所
〒606-8342 京都府
京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
最寄り駅
東山
電話番号
075-752-5555

詳細

展覧会内容

江⼾時代に花開いた⽇本美術の精華・琳派。装飾性豊かな作⾵で今なお多くの⼈を魅了しています。
近代京都において図案家・画家として活躍した神坂雪佳(1866〜1942)は、光悦や光琳ら琳派の活動や作⾵に共感し、新しい時代にふさわしいデザインを多数⽣み出しました。その活動は絵画にとどまらず、染織、陶芸、漆芸、室内装飾や庭園に⾄る実に多彩なものでした。
琳派展22弾となる本展では、宗達や光琳、抱⼀など江⼾時代の琳派を辿りながら、マルチアーティスト・雪佳の図案集、雪佳がデザインした⼯芸作品や絵画作品を紹介します。琳派のスピリットを受け継いだ雪佳の美の世界をお愉しみください。

― 展⽰内容―

あこがれの琳派
細⾒コレクションを中⼼に琳派の創始から神坂雪佳へと⾄る300年の流れを辿る。
江⼾初期の本阿弥光悦・俵屋宗達の作品、中期の尾形光琳、後期の酒井抱⼀ら江⼾琳派の作品のほか、雪佳が愛蔵していた深江芦⾈、中村芳中の作品も紹介。

美しい図案集-図案家・雪佳の著作-
⽊版多⾊摺による雪佳の美しい図案集を紹介。中でも『百々世草』(明治42〜43年/1909〜10)は、バラエティーに富み、⾊鮮やかで明快な雪佳様式の到達点を⽰す代表作となっている。この中の「⼋つ橋」が、エルメス社の季刊誌(2001年)の表紙に採⽤されるなど、雪佳の図案は時代や地域を問わず多くの⼈々を惹きつける新鮮な魅⼒を放っている。

⽣活を彩る-雪佳デザインの広がり-
京都の図案・⼯芸界の中⼼的存在となり活躍した雪佳。研究団体を率いて京都の⼯芸家たちと共に作品を⼿掛けており、その中には漆芸家の弟・祐吉(1886〜1938)もいた。
ここでは雪佳が絵付を⾏った調度品、雪佳が図案を⼿掛けた漆器や陶器の作品を中⼼に紹介する。雪佳が⽬指した空間を彩る美の世界は、琳派のスピリットにつながっている。

琳派を描く-雪佳の絵画作品-
雪佳の絵画は⽇常に寄り添う美として親しまれている。四季の草花、古典⽂学、節句や吉祥モチーフ、動物など⽇本で⻑らく愛されてきたテーマを多く描いた。
四条派に学んだ描写⼒を基盤とし、琳派の⼿法であるゆったりとした描線、明快な⾊遣い、たらし込み、デフォルメや簡略化を⾃在に操り、おおらかな品のある雪佳の様式を築いた。

  前期︓4⽉23⽇(⼟)〜5⽉22⽇(⽇)/後期︓5⽉24⽇(⽕)〜6⽉19⽇(⽇)

主催・協賛・後援

主催: 細⾒美術館 京都新聞
特別協力:芸⾋堂
企画協力:株式会社アートワン

新型コロナウイルス感染症予防対策

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一時的に入場をお待ちいただく場合もございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご入館および施設のご利用にあたって はマスクをご着用ください。また、急激な状況の変化により、止むを得ず会期・ 営業日時等を変更する場合があります。詳しくはホームページをご覧ください。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。