令和4年度春季特別展 長谷川等伯 ~水墨・濃淡の妙VS着色・彩りの美~

「四季花鳥図屏風」(左隻)長谷川等伯筆 個人蔵

「四季花鳥図屏風」(左隻)長谷川等伯筆 個人蔵

openstatus
あと5日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220423日 -  20220522
    開催時間
    9時00分 - 17時00分
    入館は16時30分まで
    入場料
    有料
    一般800円(700円)、大高生350円(300円)、中学生以下無料
    ※( )内は20名以上の団体料金。※「国民の祝日」は70歳以上の方は団体料金になります。
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    石川県七尾美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    石川県七尾美術館
    住所
    〒926-0855 石川県
    七尾市小丸山台1-1
    最寄り駅
    七尾
    電話番号
    0767-53-1500

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    長谷川等伯(1539~1610)は能登七尾出身で、桃山時代に活躍した日本を代表する画家です。当館では、平成8年から毎年シリーズで「長谷川等伯展」を開催し、国宝「松林図屏風」や国宝「楓図壁貼付」を筆頭に数々の等伯や長谷川派の作品を展示・紹介してきました。
    令和2年度の開館25周年記念「長谷川等伯展~能登の信春-The time of young Tohaku~」は、臨時休館で秋に延期、内容も所蔵と寄託作品に変更して開催しました。また、令和3年度の「長谷川等伯展~動物表現と北陸初公開作品を中心に~」は、会期半ばで中止となりました。
    令和4年度は、ご来館が叶わなかった方を含む多くの皆様にご鑑賞いただきたく、等伯の水墨による濃淡の妙をお見せする一方、豪華な金地を含む華やかな着色画という、両対照の魅力をそれぞれ紹介します。《水墨・濃淡の妙》《着色・彩りの美》《長谷川派の着色・金碧画》の3テーマによる、七尾初公開作品3点や「複製松林図屏風」を含めた18点をお楽しみください。

    主催・協賛・後援

    主催:石川県七尾美術館(公益財団法人七尾美術財団)

    新型コロナウイルス感染症予防対策

    ●入館の際はマスク着用、検温、手指の消毒をお願いします。
    ●発熱や風邪症状のある方は入館をご遠慮ください。
    ●感染拡大状況によっては、急遽内容変更や中止となる可能性もありますのでご了承ください。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。