川上雅史展

  • 印刷する
会 期
20120114日 -  20120204
開催時間
11時00分 - 19時00分
休み
日・月・祝休
この情報のお問合せ
taimatz 03-5820-8088
情報提供者/投稿者
開催場所
taïmatz
住所
〒101-0031 東京都
千代田区東神田1-2-11
最寄り駅
馬喰町
電話番号
03-5820-8088

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

1月14日(土)から、川上雅史の個展が画廊taimatz(タイマツ) にて始まります。今回は新作ペインテ ィング 3 点と未発表のコラージュ作品の約 15 点を展示します。

川上雅史は 1984 年大阪府生まれ。2010 年、京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修士課程を修 了。2008 年「是が非の絵画」展(大和プレスビューイングルーム、広島)への出品をスタートに、2010 年「アートアワードトーキョー丸の内 2010」(行幸地下ギャラリー、東京)に参加、同展において名和 晃平賞を受賞する等、その動向が注目されている若手ペインターである。

<肉体表現の新たなリアリティ>

現代の情報化社会のなかで、実体を失い浮遊している肉体のイメージを抽出し、コラージュとして再構成 すること、川上雅史の制作はそこから始まります。コラージュしたイメージに極端なまでのデフォルメを 加え、観念としての肉体イメージをあぶりだしていくのです。グロテスクでありながらどこかユーモラス な要素をあわせもつ、それらの「肉体」は、人間のそれではない、あたかも別の不思議な生命体のように 作品のなかでひそやかに呼吸を始めます。肉体の官能性は何に起因するのか、肉体そのものに果たして官 能性は存在するのか。
暴力と官能に彩られた肉体表現が仮想空間に氾濫する「脳化社会」のなかで、私達を刺激し続ける肉体の 誘惑、そして同時に私達が感じる嫌悪感。誘惑と拒絶という二律背反的なテーマを、シュールレアリステ ィックに表現しながら、川上雅史の作品は、肉体表現のリアリティとは何かをあらためて問いかけます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。