金澤翔子個展 天地創造の物語

⾦澤翔⼦書 屏⾵作品 《雪⽉花》 2015年, 90×180cm×4, ⼤壁紙四曲
openstatus
あと40日後に開催
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220114日 -  20220219
    開催時間
    10時00分 - 18時30分
    休み
    日曜日,祝日
    入場料
    無料
    展覧会の撮影
    この情報のお問合せ
    guas.info@gmail.com
    03-6261-0018
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    UCHIGO and SHIZIMI Gallery
    住所
    〒101-0051 東京都
    千代田区神田神保町2-11-4 メゾン・ド・ヴィレ神田神保町1階
    最寄り駅
    神保町
    電話番号
    03-6261-0018

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    このたびUCHIGO and SHIZIMI Galleryでは、2022年1⽉14⽇(⾦)より東京都出⾝の書家、⾦澤翔⼦による個展を開催いたします。5歳から⺟・泰⼦⽒の師事で書を始めた翔⼦⽒は、全国の名だたる神社仏閣での席上揮毫を⾏い、個展も国内外で数多く開催し、今もなお活躍の場を広げています。
    本展では、旧約聖書《創世記》の冒頭に描かれる「天地創造」を連想させる作品群を、宇宙に⾒⽴てた展⽰空間と共に発表いたします。神が宇宙にあらゆるものを創りだしたように、真っ⽩な紙にあらゆるものを⽣み出す書で「天地創造」の物語を紡げたらと願い、今回は⼩学館・和樂webの皆様にもご協⼒いただきながら企画を致しました。
    ⾦澤翔⼦⽒の作品を直接ご覧いただける貴重な機会となります。是⾮ご⾼覧賜れますと幸いです。

    ⽉の交信
    「⼀⼈暮らし」の部屋を借りた。窓から美しい三⽇⽉が光って⾒えた。翔⼦が「この⽉でお⺟様と交信するから、携帯はいらない」と⾔った。離れてしまっても⼆⼈で⽉を介して交信しようと⾔うのだ。⾃⽴すると⾔うのに覚束ない。けれど、嘆かなくていいのだ。この様に天空と繋がる翔⼦は「宇宙の調和」を⾝に受け、すべてが平和で幸せに調和していなければいけないと願う、天使の思いはこんな所から発信されるのだから。
    《⽇めくり ⾦澤翔⼦の書》より抜粋 ⽂:⾦澤泰⼦

    PROFILE
    ⾦澤 翔⼦ | 書家
    東京都出⾝。5歳から⺟の師事で書を始める。全国の名だたる神社仏閣での席上揮毫を⾏い、個展も数多く開催。ローマ教皇庁(バチカン市国)に⼤作「祈」を寄贈。上皇陛下御製(天皇御在位中)を謹書。東京2020(オリンピック・パラリンピック)公式アートポスター制作アーティスト就任。NHK ⼤河ドラマ「平清盛」題字担当や国連本部での⽇本代表スピーチなど、活動は多岐に渡る。国外ではニューヨーク、チェコ、シンガポール、ロシア、台湾等で個展を開催。これまでに延べ200 万⼈が⾦澤の書にふれ、年間10 万⼈以上が個展に訪れる。東⽇本⼤震災後に発表した⾃⾝代表作「共に⽣きる」を合⾔葉に、被災地への応援や障害者⽀援など、共⽣社会実現に向けた活動にも継続的に取り組んでいる。紺綬褒章受章。⽂部科学省スペシャルサポート⼤使。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。