深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」

雫 2010年

雫 2010年

openstatus
あと7日後に終了
    タグ
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20211202日 -  20220131
    開催時間
    10時00分 - 17時00分
    入場は閉館30分前まで
    休み
    12月31日(金)、1月1日(土)
    入場料
    有料
    一般1600円、高・大学生1300円、小・中学生800円
    ※未就学児は入場無料。 ※小学生以下は、保護者同伴でのご入場をお願いします。 ※本券は、会期中1枚につき1名様1回限り有効です。再入場はできません。 ※チケットの転売は禁じます。また、払い戻し、交換、再発行はいたしません。※障がい者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、愛の手帳、被爆者健康手帳)をお持ちの方は、ご本人と付き添いの方1名様まで入館無料となります。ご来館の際、会場入口スタッフへお声がけください。
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    050-5541-8600(ハローダイヤル)
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    上野の森美術館
    住所
    〒110-0007 東京都
    台東区上野公園1-2
    最寄り駅
    上野
    電話番号
    03-3833-4191

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    金魚の持つ神秘性に魅了され、創作を続ける深堀隆介。透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという、独自の斬新な手法で注目を集める現代美術家です。

    極めて独創的な深堀の技法は、器の中に樹脂を流し込み、固まった表面にアクリル絵具で金魚を少しずつ部分的に描いていき、さらにその上から樹脂を重ねるというものです。そうした作業を繰り返すことにより、絵が重なり合い、まるで生きているかのような金魚が表現され、圧倒的な立体感をもって観るものに迫ります。その生き生きとしたリアリティは、平面である絵画作品と立体作品の境界に揺さぶりをかける革命的絵画―2.5D Painting-と言えるでしょう。深堀は、国内はもとより今や世界的にも高い評価を受け、近年ではライブペインティングやインスタレーションにも力を入れ、表現と活動の幅を広げています。

    約300点もの深堀作品を展示する、東京の美術館では初めてとなる本格的な展覧会です。絵画でありながら立体的な躍動感にあふれ、不思議な美しさを湛えた“深堀金魚”を存分にお楽しみください。

    主催・協賛・後援

    主催:東京新聞、フジテレビジョン、上野の森美術館
    協賛:ネスレ

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。