Evan Nesbit Appellative Line

Echoland 2, 2021, Acrylic, dye, ink on burlap, 16" x 14" (40.6 x 35.6 cm)

Echoland 2, 2021, Acrylic, dye, ink on burlap, 16" x 14" (40.6 x 35.6 cm)

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20211113日 -  20211223
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    休み
    日曜日,月曜日,火曜日,祝日
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    KOKI ARTS
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    KOKI ARTS
    住所
    〒101-0031 東京都
    千代田区東神田1-15-2 ローズビル1F
    最寄り駅
    馬喰町
    電話番号
    03-3865-8650

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    この度、KOKI ARTSではエヴァン・ネスビットの当ギャラリーにおける4回目の個展「Appellative Lines」を開催致します。本展では、新作を10点展示致します。
    線は、絵画では描写的と識別的機能を果たします。また線は、端、境界、輪郭、印、質感であり、示唆する、指し示す、曲がりくねる、描く、そして想起させるための手段であります。線は、場所を示し、物を形成し、測定単位を有します。また、曖昧だったり、重ねられたりクロスハッチングされるまで表面に浅く置かれていることもあります。付加的な減法的な変化する性質とは関係なく、視覚言語の基本単位として、線は骨組みを形成し、線の持っている識別特性の中で、示唆的な描写を想起させることにより、意味が自ら接合されていくのかもしれません。線は、自らを注目させ、どんな材料形態でもあり、外側と識別することができます。更に線は、自ら再生し、自ら否定し、そして自身とは完全に別のレベルの主観性と表現を示します。本展では、言語への触媒として絵画の物質性に埋め込まれている、ドローイングとは別の「線」の概念を探ります。
    エヴァン・ネスビット(1985年生まれ)は、2009年にサンフランシスコ・アート・インスティテュートを卒業後、2012年にイエール大学を修了。現在カリフォルニア州で制作しています。近年の主な展示では、Van Doren Waxter (ニューヨーク、2020年)、Roberts Projects (ロサンゼルス、2020年)、Weiss Berlin (ベルリン、2019年)、KOKI ARTS (東京、2018年)、James Harris Gallery (シアトル、2018年)、Romer Young Gallery (サンフランシスコ、2018年)での個展があります。またロサンゼルス・タイムズ、フリーズ、アート・イン・アメリカ、The Brooklyn Railなど数多くのメディアで取り上げられています。

    新型コロナウイルス感染症予防対策

    状況に応じて変更になる場合がございます。ご来廊の際は「マスク着用・手指のアルコール消毒」のご協力お願い致します。発熱や咳等の症状がある方はご遠慮ください。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。