野田裕示 1984-2012

  • 印刷する
会 期
20120206日 -  20120225
開催時間
10時30分 - 18時30分
休み
日曜祝日休廊
この情報のお問合せ
ギャルリー東京ユマニテ
tel. 03-3562-1305
情報提供者/投稿者
開催場所
ギャルリー東京ユマニテ
住所
〒104-0031 東京都
中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
最寄り駅
京橋
電話番号
03-3562-1305

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

 野田裕示(のだ・ひろじ)は1952年和歌山県生まれ。1976年、多摩美術大学油画科卒業後まもなく、当時現代美術の先駆的画廊であった南画廊(東京)の志水楠男氏に見出され、初めての個展を行い早くからその実験的でダイナミックな作品は注目を集めました。

 野田は、一貫して支持体と絵画の関係に取り組んだ作品を発表。国内外の美術館、画廊での展示を精力的に行ない、2001 年には芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。現在では日本を代表する作家の一人として活躍しています。

 さらに、近年は石彫の岡本敦生氏とのコラボレーションで石の彫刻にアクリル絵の具によるペイントを施した作品を愛知県美術館等で発表。2005 年の「現代日本彫刻展」では毎日新聞社賞を受賞するなど、立体と平面による新しい展開も見せています。2010 年秋にはJean Art Gallery にて、ソウルで初めての個展を開催。また2012 年1月には待望の国立新美術館での大規模な個展が開催されます。

 本展は、東京で初めての回顧展となる国立新美術館での「野田裕示 絵画のかたち/絵画の姿」(会期2012. 1/18- 4/2)に併せて開催するもので、80年代初期作品から、今年制作の新作までおよそ25点を展示いたします。

 野田の作品は80 年代初期、レリーフ状の箱型作品から始まり、徐々に支持体全面を袋で被い、カンヴァスを重ねて画面を構成する手法に移行していきました。また近年は、人体のような白いフォルムが浮かび上がり、シンプルで躍動的な作品を見せています。それは、野田が以前より追い求めてきた「かたち」のもつ有機的な面白さを前面にした作品で、二次元の平面を飛び越え、その生々しいかたちが見る者に迫りくる三次元の立体のとなって現れてきました。
 常に支持体との関わりを思考し、絵画の持つ力強さとかたちの魅力を追い求めてきた野田の30年に及ぶ取り組みを、本展でも充分に感じていただきたいと思います。この機会をお見逃しなく是非ご高覧下さい。

関連情報

1. 「野田裕示 絵画のかたち/絵画の姿」
会場:国立新美術館(東京・六本木) 会期:2012. 1/18(水) -4/2(月)
※東京で初めてとなる大規模な回顧展。1980 年代初期から新作まで約140 点の展示です。
講演会・アーティストトーク (その他、ワークショップも予定されています。)
1/21(土)「自作を語る」 野田裕示
2/4(土) 「南画廊と野田裕示」 林牧人(森美術館 管理運営グループ ファシリティマネージャー)
3/2(金) 対談:野田裕示×福永治(国立新美術館副館長 展覧会企画者)
3/17(土)「美術批評と野田裕示」 三田晴夫(美術ジャーナリスト)

2. 「現代絵画の展望 24 の時の瞳」 企画: 東京ステーションギャラリー
会場:旧新橋停車場 鉄道歴史展示室(東京・新橋) 会期:前期 2011.12/6(火) - 2012. 1/29(日) 後期 2012. 1/31(火) - 3/18(日)
出品作家: 野田裕示 元永定正 松本陽子 横尾忠則 森村泰昌 小川信治 村瀬恭子 他計12 名
※日本を代表する作家12 名によるグループショウ。それぞれ前期に旧作を、後期に近新作を出品します。

3. 「野田裕示展」
会場: ギャルリプチボワ(大阪) 会期:2012. 2/13(月) - 2/25(土)

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。