生誕110年 香月泰男展

《青の太陽》 1969 年 油彩 ・ 方解末 ・ 木炭 カンヴァス 山口県立美術館蔵

《青の太陽》 1969 年 油彩 ・ 方解末 ・ 木炭 カンヴァス 山口県立美術館蔵

openstatus
あと14日後に開催
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20220206日 -  20220327
    開催時間
    10時00分 - 18時00分
    入館は17時30分まで
    休み
    月曜日
    3月21日(月・祝)は開館、3月22日(火)は休館
    クリエイター在廊
    入場料
    有料
    一般1,000円、高校・大学生および65~74歳800円、中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
    ※一般以外の方(無料・割引対象者)は、年齢等が確認できるものをお持ちください。 ※リピーター割引:展示替があるため、前期をご観覧いただいた方は、展示替後の観覧料を割り引きます。初回の観覧料から300円割引
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    練馬区立美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    練馬区立美術館
    住所
    〒176-0021 東京都
    練馬区貫井1-36-16
    最寄り駅
    中村橋
    電話番号
    03-3577-1821

    詳細

    展覧会内容

     太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描いたシベリア・シリーズにより、戦後美術史に大きな足跡を残した香月泰男(1911-74)の画業の全容をたどる回顧展を開催いたします。
     山口県三隅村(現・長門市)に生まれた香月泰男は、1931年に東京美術学校に入学し、自身のスタイルの模索をはじめました。1942年に応召し、復員した1947年以降は、故郷にとどまって身の回りのありふれたものをモチーフに造形的な挑戦を繰り返しました。1950年代後半に黒色と黄土色の重厚な絵肌に到達した香月は、極限状態で感じた苦痛や郷愁、死者への鎮魂の思いをこめて太平洋戦争とシベリア抑留の体験を描き、「シベリアの画家」として評価を確立していきました。
     シベリア・シリーズは応召から復員までの主題を時系列にならべて紹介するのが一般的であり、そこではシベリア・シリーズのもつ戦争と抑留の記念碑としての側面が強調されてきたといえるでしょう。しかし、実際の制作の順序は、主題の時系列とはおおきく異なっています。
     本展では、シベリア・シリーズを他の作品とあわせて制作順に展示します。この構成は、一人の画家が戦争のもたらした過酷な体験と向き合い、考え、描き続けた道のりを浮かびあがらせるでしょう。戦争が遠い歴史となり、その肌触りが失われつつある今、自身の「一生のど真中」に戦争があり、その体験を個の視点から二十年以上にわたって描き続けた、「シベリアの画家」香月泰男の創作の軌跡にあらためて迫ります。

    展覧会構成

    第Ⅰ章 1931~49 逆光のなかのファンタジー

     1931年に東京美術学校に入学した香月泰男は、ファン・ゴッホや梅原龍三郎、ピカソなど先人の画風を試しながら、独自の表現を模索しました。美術学校卒業後、美術教師として北海道倶知安、ついで山口県下関に赴任した香月は、教鞭をとりながら制作にとりくみ、1939年に《兎》が文部省美術展覧会で特選を受賞するなど、若手の有望株として徐々にその名が知られるようになっていきます。
     《釣り床》、《波紋》など1940年頃の作品には、少年、少女の姿がしばしば描きこまれます。逆光をあび、実在感を失った彼らのシルエットは、風変わりな構図とあいまってノスタルジックな詩情を漂わせます。のちに「逆光のなかのファンタジー」と呼ばれた叙情的絵画世界は、戦争とシベリア抑留による4年半の中断を経て、戦後まで引き継がれました。この作風で兵役と抑留の経験を描くことにも挑戦しましたが、過酷な体験にはそぐわないと感じたのか、香月がシベリア・シリーズに本格的に着手するまでには長い時間を要することになります。
     ここでは、香月の修行時代と初期を特徴づける叙情的絵画世界をご紹介します。

    第Ⅱ章 1950~58 新たな造形を求めて

     香月は1950年頃から台所の食材や庭の草花など、日常身辺のありふれたものを好んで描くようになりました。キュビスムの影響が画面づくりに顕著に表れ、カラフルな色彩で描かれるのが造形的特徴です。
     この頃から香月は油彩画による日本的な美意識の表出を目指し、日本画の画材や木炭を絵の具に混ぜるといった技法の研究に取り組みました。やがて方解末を絵の具に混ぜ、マットな画面をつくり、薄く溶いた黒い絵の具で描く方法にたどりつきます。色数は徐々に絞られ、50年代なかばの《山羊》や《路傍》では、ほとんど白と黒、茶色のみの画面となっています。
     1956年10月、初めてヨーロッパを訪れた香月は、西洋美術の古典のなかに自身の試みに近いものを看取して自信を持ち、方解末を混ぜた黄土色の下地に木炭粉を擦り付けていく独自の技法を創案します。この技法による渋みのある土色とマットな黒を基調とする重厚な画面の上に、次々とシベリアの記憶が絵画化されることになりました。
     ここでは、香月がシベリア・シリーズにいたるまでの試行を追いかけます。

    第Ⅲ章 1959~68 シベリア・シリーズの画家

     1959年の《北へ西へ》、《ダモイ》、《1945》から、兵役と抑留の経験を描くことが本格化していきます。この3点は、シベリアへの輸送、収容所での帰国前の所持品検査、敗戦後の大陸で見た光景と、時間も場所も異なる主題が選ばれています。日常生活の中で不意に蘇る記憶をそのたびに絵画化するというプロセスで描き継がれた兵役と抑留を主題とする作品は、次第に一つのまとまりを持つようになり「抑留生活もの」、「敗戦シリーズ」、「ソ連もの」などと呼ばれていきました。
    1967年に刊行された画集『シベリヤ』(求龍堂)とその出版記念展により、この時までに描きためた32点の作品を、自らが体験した順番に並び替え紹介することで、一群の絵画はシリーズとして提示され、以降、シベリア・シリーズという呼称が定
    着することになります。
     ここでは、1950年代末から60年代にかけて精力的に描かれたシベリア・シリーズと、同時期に描いた日常身辺をモチーフとした作品をご紹介します。

    第Ⅳ章 1969~74 新たな展開の予感

     60年代末頃から、シベリア・シリーズの主題は体験に肉薄する苛烈なものから、《煙》や《-35°》のように情景を遠くから眺め、かつての自分がおかれた状況を俯瞰するような視点で描かれたものへと変わっていきました。同じ頃から、モノクロームに覆われていた香月の絵画世界は、少しずつ色彩が戻っていきます。シベリア・シリーズでも《青の太陽》、《業火》など、青や赤が印象的な作品が描かれています。
     最晩年の香月の作品は、香月の新しい画風の展開を予感させるものでした。しかし、1974年3月に、生まれ育った家で画家は突然この世を去ります。シベリアの記憶は死ぬまで香月を離さず、突然の旅の終わりを迎えた画家のアトリエには《渚〈ナホトカ〉》がイーゼルに掛けられたままでした。
     ここでは、遺作となった《渚〈ナホトカ〉》など、画面に明るい色彩を乗せ、さらなる展開を感じさせる香月の晩年の作品をご紹介します。

    主催・協賛・後援

    主催:練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
    監修:山口県立美術館、香月泰男美術館
    企画協力:一般社団法人インディペンデント

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。