国本泰英展

国本泰英展
    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20211120日 -  20211205
    開催時間
    12時00分 - 19時00分
    日曜 17時00分まで
    休み
    月曜日,火曜日,水曜日,木曜日
    11月23日(祝)は開廊
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    Nii Fine Arts ニイ ファインアーツ TEL 090-5893-4550
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Nii Fine Arts Tokyo
    住所
    〒101-0021 東京都
    千代田区外神田6丁目11-14 3331 Arts Chiyoda 211
    最寄り駅
    末広町
    電話番号
    -

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    この度、Nii Fine Arts Tokyoでは、2021年11月20(土)から12月5日(日)まで「国本泰英展」を開催いたします。
    国本泰英は1984年、大分県生まれ。2006年、九州産業大学芸術学部美術学科絵画コース卒業。同年、「美濃・アーティスト・イン・レジデンス 紙の芸術村」に参加。2009年、伊勢現代美術館にて個展。「壁画プロジェクト」(別府市・2015年)では、約40mの壁画「Scene」を制作。他に「Local Prospects 2」(三菱地所アルティアム・2016年)、「大分アートクロニクル」(大分県立美術館・2016年)、「シンプル展」(高鍋町美術館・2018年)など、多数の展覧会に出品。
    現在開催中の芸術祭「MIND TRAIL 奥大和 心のなかの美術館」(~11/28まで)では、自身初の野外インスタレーションを制作。また、展覧会の企画、新聞連載へのイラストレーション提供など、活動は多岐に渡っている。
    弊廊での2回目の個展となる今回、ペインティング約10点を展示いたします。

    Statement
    これまでの経験の中で、見てきたものについて、どのくらい正確に記憶しているだろう。
    絵を描く時、その問いの答えが明確になった。「見てきたもの」=「視覚的なイメージ」を再現できない事で、自分が、物事をどれだけ大雑把に捉え、それを「記憶」と決めた、揺らいだ世界の中で暮らしているのかを認識した。「視覚」を拠り所にするほど、「記憶」は頼りない。
    これまで様々な人の姿を描いてきた。人に対しても同様に、再現性を持たない、揺らいだ景色として向き合うしかない。
    どこを向いても、なぞれる輪郭が見つからない。長年会っていない同級生の顔も、昨日テレビで観たヨコヅナの姿も、同じような揺らぎの中で、私は「記憶」している。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。