横井 七菜 「Crumble」

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20211030日 -  20211128
開催時間
12時00分 - 19時00分
日 11:00-18:00
11/4-7はArt Week Tokyoのため10:00 オープン
休み
月曜日,火曜日,水曜日
入場料
無料
展覧会の撮影
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
info@hagiwaraprojects.com
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
HAGIWARA PROJECTS
住所
〒135-0006 東京都
江東区常盤1-13-6 1F
最寄り駅
森下
電話番号
03-6300-5881

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

この度HAGIWARA PROJECTSでは、10月30日(土)より、横井七菜による個展「Crumble」を開催いたします。弊ギャラリーでは初個展となります。
横井は、2006年に多摩美術大学絵画学科を卒業後、主にドローイングを元にした作品を発表してきました。今回の展覧会では、新作のドローイング作品を中心に十数点展示予定です。

横井の作品には、少年や少女、また虫や鳥、ろうそく、炎などが丁寧に細やかな線で描かれています。そして寓話のワンシーンのようにも捉えられる描写は、観る人にさまざまな解釈を促します。
展覧会タイトルの “Crumble”とは、お菓子などの上にのっている細かいぽろぽろとした粒状の生地のことを指し、名前が付いていても決まった形を持っていないことや、崩れる手前でなんとなく形を保っている存在に親しみを覚えると作家は言います。横井は作品を通して、日常の些細な出来事や心の動きといった小さく不確かなものの美しさを、物語性と瑞々しさ、そして緊張感を併せ持った画面で表現し、確かな存在へと変換させます。

Artist statement:
私が制作において一貫して取り組んできたことは、私的な日々の出来事をベースとして絵画を成立させるという姿勢です。

 季節によって変わる風景、感銘を受ける本に出会うこと、自分の傍に長い間あるものに対して愛情が深まってゆくことの不思議さをあらためて感じたりという、誰の日常にも起こりうる出来事に視線を向け、そのとりとめのなさ、移ろいやすさに親しみを感じながら作品を作っています。

 言葉が意思疎通のための道具であるとして、伝える必要がないとみなされ言語化されないままになっている感覚や感情が、そういった日常のささいな出来事の中には数多くちりばめられており、私はそのことをとても美しいと感じ、それらについて表現したいと考えています。

 色彩の配置による印象の操作、一本の描線を画面に加えることの効果を判断するといった、絵画を制作する上で必要な厳しく主観が抑制された眼差しを作品に注ぐことで画面上からノイズをなくし、言語化されないままに残されている弱く静かでとりとめのない、美しいものたちの存在を浮かび上がらせる。

 その体験はとても魅力的なものであり、私を制作に向かわせる動機のひとつです。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。