木村友紀 「無題」

  • 印刷する
会 期
20100905日 -  20110111
開催時間
10時00分 - 17時00分
休み
休館日:水(祝日の場合は翌日)、年末年始
開館時間: 10:00~17:00(9~10月)、10:00~16:30(11~1月)最終入館は閉館の30分前まで
この情報のお問合せ
IZU PHOTO MUSEUM 055-989-8780
イベントURL
情報提供者/投稿者
開催場所
IZU PHOTO MUSEUM
住所
〒411-0931 静岡県
長泉町東野クレマチスの丘347-1
最寄り駅
三島
電話番号
055-989-8780

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

IZU PHOTO MUSEUMでは昨年末の開館以来、写真の多様性をつたえる展覧会を開催してまいりました。写真術の誕生に着想をえた杉本博司「光の自然(じねん)」展、また歴史のなかで見過ごされてきたような日常的な写真にスポットライトをあてた「時の宙づり―生と死のあわいで」展につづき、現代美術作家木村友紀の美術館での初個展を開催いたします。

京都を拠点に活動する木村は、現代美術の文脈の中で写真や映像を素材として扱い、時間やイメージにまつわる分析と思考を平面、立体作品、展示空間へとひろげる作品を発表し続けてきました。第6回イスタンブール・ビエンナーレ(1999年)への参加を皮切りに海外グループ展や主要アートフェアに参加、次世代のアーティストに注目する国内外の評論家・キュレーターを中心に、着実に評価を高めています。

すべて新作となる本展は「無題」と名付けられました。このタイトルのとおり、木村はこれまでの活動の中でゆっくりと熟成させてきた、イメージと支持媒体との関係や写真の事後性などについての考察を、ストーリーやキーワードを排し、作品そのものによって、より実践的に表現しようとしています。またそこには中心的なイメージは無く、配置された個々のイメージが生み出す効果の発揮するままに様々な方向へと展開しながら、その空間全体が一つのインスタレーション作品として成立します。
ここで使われている写真は、木村自身が旅行中に撮影したもの、祖父のアルバムの中に見つけたもの、世界各所の様々な街で買い集めたもの、友人から贈られたものなど、別々の経緯で作家の手に渡り、それぞれのテーマに沿って厳選されています。木村は配置という単純な作業を分析的に捉えながらそれを行うことで、写真が指し示す「過去」の画像と画像、あるいは画像とオブジェを関係づけ、現前する空間につなぎとめようとします。そうして、インスタレーション「無題」には、今ここにしかない「現在性」が鮮やかに立ち現れるのです。

作品画像:7 24 &138-11, 2010
lambda print mounted on alpolic, framed, diptych, 60 x 80cm, 60 x 83cm
Courtesy of IZU PHOTO MUSEUM and Taka Ishii Gallery

関連情報

[展覧会関連イベント]
◎アーティスト・トーク 木村友紀 × 松原滋(建築家/美術家) × 荒川医(現代美術作家)
日時:2010年9月5日(日) 15:00~16:30
会場:クレマチスの丘ホール(IZU PHOTO MUZEUM より徒歩2分)
参加方法:お電話にてご予約ください(TEL: 055-989-8780) 当日チケットセンターにて受付けください
料金:展覧会入場料に含まれます(当日入館チケットのお求めが必要となります)

◎木村友紀 × 多和田葉子(小説家)(予約制)
日時: 2010年11月7日(日)14:30-16:00
料金:展覧会入場料に含まれます。(当日入館チケットのお求めが必要となります。)
参加方法:お電話にてご予約ください。Tel. 055-989-8780

※日程他詳細は(IZU PHOTO MUSEUM WEBサイト)をご参照下さい

主催・協賛・後援

※協力: <a href="/TakaIshiiGallery">タカ・イシイギャラリー </a>ホームページ→<a href="http://www.takaishiigallery.com/">http://www.takaishiigallery.com/</a>

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。