菊沢将憲個展 「うたかたの日々の泡」

jpg.
openstatus
あと5日後に開催
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20211021日 -  20211026
    開催時間
    11時00分 - 19時00分
    ※最終日 10/26(火)は17 時にCLOSE致します
    入場料
    有料
    【料 金】
    フリーパスチケット 一般 1,000 円(税込) 小中学生 500 円(税込)
    1day パスチケット 500 円(税込)
    ※フリーパスチケットで中央線芸術祭会期中(10/9~10/31)全ての展示会場への入場可。
    ※1day パスチケットはプログラム各会場受付でのみ販売。当日のみ利用可。
    この情報のお問合せ
    中央線芸術祭実行委員会
    TEL : 042-316-6103(Works-M)
    FAX : 042-316-6102
    E-MAIL : artfes.claft@gmail.com
    担当 田中(中央線芸術祭実行委員)
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    マジェルカギャラリー
    住所
    〒180-0004  東京都
    武蔵野市吉祥寺本町3-3-11 中田ビル1F
    最寄り駅
    吉祥寺
    電話番号
    0422-27-1623

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    Center line art festival Tokyo 中央線芸術祭
    エキシビションプログラム

    2021年10月21日(木)~ 26日(火)
    菊沢将憲個展
    「うたかたの日々の泡」

    ジャンルを超えて活動する作家、菊沢将憲
    東京での初個展開催

    俳優・映画監督・劇作家・演出家、ペインティング等、ジャンルを越境した創作によって活動を展開している菊沢将 憲氏による絵画展。
    ノンジャンルな創作から生まれる複数の視点が 60 点を超える絵画に描かれる。
    また会期中は菊沢監督による映画上映の開催も決定。
    あわせて同氏により 10 月 9 日(土)に開催する映画製作ワークショップで市民とともに製作された映画も随時上映予定。
    ジャンルを越境し生み出されてゆく、氏の表現を会場でご覧下さい。

    菊沢将憲 / Masanori Kikuzawa
    高校時代に音楽をはじめ、博多のライブハウス照和にレギュラー出演。1995 年より俳優として活動を開始し、 野田秀樹、河瀬直美、小野寺修二・ノゾエ征爾・黑田育世・矢内原美邦・康本雅子の舞台に出演。2003 年、主 演映画「815」 がバンクーバー国際映画祭にて審査員特別賞を受賞。2016 年にはアヴィニョン演劇祭インで 初演されたアンジェリカ・リデルの舞台「¿Quéharéyoconestaespada?」に出演。監督した映画 「おーい、 大石」がぴあフィルムフェスティバルに入選し荻上直子監督より絶賛される。絵画展は昨年秋に福岡で初個展 「一本の線から」を開催。渋谷での「菊沢将憲フェス」でも全作品を展示した。
    Twitter : https://mobile.twitter.com/renonremon

    関連イベント

    菊沢将憲監督作品上映スケジュール
    菊沢将憲個展「うたかたの日々の泡」期間中に、会場にて菊沢監督作品を2プログラムに分けて日替わりで上映します。
    また10月9日(土)に開催される映画製作ワークショップで作られた作品も同会場にてランダムに上映されます。
    ※菊沢監督作品上映時間帯は入場制限が行われる場合があります。

    10月21日(木)17:00〜 Aプログラム
    10月22日(金)17:00〜 Bプログラム
    10月23日(土)14:00〜 Aプログラム
    10月24日(日)14:00〜 Bプログラム
    10月25日(月)17:00〜 Aプログラム
    10月26日(火)14:00〜 Bプログラム

    【Aプログラム】
    『親父と俺、ただ面白く生きる也。』 (2009年/10分/カラー)
    出演:菊沢憲治・菊沢キミ子・菊沢将憲
    音楽:吉川達也
    編集:横山俊一
    撮影・監督:菊沢将憲
    ※日韓ムービーアワード2009/日韓海峡圏映像賞受賞

    『おーい、大石』 (2016年/26分/カラー)
    出演:大石貴也・菊沢将憲・清原惟
    脚本・撮影・編集・録音・音楽・監督:菊沢将憲
    ※第38回ぴあフィルムフェスティバル/PFFアワード2016入選

    【Bプログラム】
    Bプログラム
    『canis』 (2020年/10分/カラー)
    出演:大石貴也 / 近藤彩香
    脚本:柴垣萌子 
    撮影・編集・監督:菊沢将憲

    『凹/eau』 (2019年/21分/カラー)
    出演:今野裕一郎・橋本和加子・SKANK/スカンク
    脚本:栖木真
    音楽:SKANK/スカンク
    撮影・編集・監督:菊沢将憲
    ※那須ショートフィルムフェスティバル2020入選

    主催・協賛・後援

    【助 成】公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
    【後 援】小金井市 中野区 武蔵野市
    【協 力】JR 中央線コミュニティデザイン
    【運 営】中央線芸術祭実行委員 Clafters
    【主 催】Co-production of art Works-M

    新型コロナウイルス感染症予防対策

    [ご来場にあたってのお願い]
    ・混雑時は入場を制限させていただきます。
    ・ご来場時に検温を行い、37.5℃以上の発熱がある方は入場をお断りします。
    ・マスクの着用、咳エチケット、手指の消毒にご協力ください。
    ・咳や咽頭痛等、風邪症状がある方、その他、体調に不安のある方はご来場をお控えください。
    政府ガイドラインに基づき新型コロナウイルス感染防止対策を万全に行なって開催いたします。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。