没後50年 電力王・松永安左エ門の茶

没後50年 電力王・松永安左エ門の茶
openstatus
あと36日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20211009日 -  20211121
    開催時間
    9時30分 - 17時30分
    ※10月の金・土は20時00分まで開館
    ※最終入館は閉館の30分前まで
    休み
    月曜日
    入場料
    有料
    一般1,300円(1,200円)、高大生800円(700円) ※前売り券はありません。
    ※( )内は20名以上の団体、満65歳以上の割引料金。
    ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者および中学生以下は観覧無料
    展覧会の撮影
    不可
    作品の販売有無
    展示のみ
    この情報のお問合せ
    福岡市美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    福岡市美術館
    住所
    〒810-0051 福岡県
    福岡市中央区大濠公園1-6
    最寄り駅
    地下鉄空港線 大濠公園/七隈線 六本松
    電話番号
    092-714-6051

    詳細

    展覧会内容

    松永安左エ門(1875-1971)は戦前戦後の日本の電力界で活躍した実業家であるとともに、高名な茶人・美術収集家としても知られます。本展は松永の没後を記念して開催する特別展です。「電力王」とも称えらえた実業家としての活躍を物語る資料と、「耳庵」と号する茶人として収集した日本・東洋の美術コレクションの名品の数々を通じて、松永の偉大な足跡を回顧します。

    関連イベント

    □没後50年 電力王・松永安左エ門の茶 記念講演会
     「電力王が鬼となるまで 松永安左エ門の功績」
     電力の鬼・松永安左エ門記念館の定村隆久氏をお招きし、松永安左エ門の功績についてお話しいただきます。

     日時:2021年10月23日(土) 午後2時~午後3時30分
      午後1時より入場整理券配布(午後1時30分開場)
     会場:ミュージアムホール
     料金:聴講無料(先着順)
     定員:180名 ※定員は変更になることがあります。
     講師:定村隆久氏(電力の鬼・松永安左エ門記念館)

    □つきなみ講座(特別編)
     「電力王は数奇者となった 松永安左エ門の茶」
     月に一度行う「つきなみ講座」では、福岡市美術館館員が、自身の仕事、展示、研究、関心ごとについて語ります。10月のつきなみ講座では、特別展「没後50年 電力王・松永安左エ門の茶」に関連し、数寄者茶人・美術品蒐集家としての松永安左エ門の側面に迫ります。
     
     日時:2021年10月30日(土) 午後2時~午後3時30分
      午後1時より入場整理券配布(午後1時30分開場)
     会場:ミュージアムホール
     料金:聴講無料(先着順)
     定員:180名 ※定員は変更になることがあります。
     講師:後藤恒(主任学芸主事・古美術担当)

    主催・協賛・後援

    主催:福岡市美術館、読売新聞社、西日本新聞社
    後援:福岡県、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、壱岐市教育委員会、公益財団法人福岡市文化芸術振興財団、九州電力、西部ガス、西日本鉄道

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。