菅野由美子展 SUGANO Yumiko

菅野由美子 MUG_7  油彩、キャンバス  116.7x116.7cm

菅野由美子 MUG_7 油彩、キャンバス 116.7x116.7cm

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20211004日 -  20211030
    開催時間
    10時30分 - 18時30分
    休み
    日曜日,祝日
    クリエイター在廊
    入場料
    無料
    展覧会の撮影

    ご撮影の際は作家もしくはギャラリー担当者に一声かけていただけると幸いです。
    子連れ
    この情報のお問合せ
    ギャルリー東京ユマニテ
    〒104-0031 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    Tel. 03-3562-1305 
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    ギャルリー東京ユマニテ
    住所
    〒104-0031 東京都
    中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F
    最寄り駅
    京橋
    電話番号
    03-3562-1305

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    菅野由美子は東京造形大学卒業後の’86年「シドニー・ビエンナーレ」、’89年「第3回アジア美術展」(福岡市美術館、横浜美術館、韓国国立現代美術館巡回)など、国内外の展覧会に参加。当時はコンセプチュアルな立体作品などを発表していましたが、’92年の個展を最後に制作活動を休止。そして、15年ぶりとなった2007年の個展以降はそれまでの立体とは異なり、身の回りにある器のみを丁寧に描く古典的な油彩を発表しています。

    中世ヨーロッパの静物画を彷彿とさせる、均一に塗られた背景に菅野が様々な場所で出会った器が、茶事の見立てのように物語に沿って選ばれていきます。よく見ると、それらはどこか擬人化された肖像画のようであり、また光線までも計算され、ほぼ実物大に描かれた器が配された画面は、淡々と過ぎていく平和な日々の一場面のようですが、その静けさの奥にある力強い存在感によって、見るものが自身の内面へと導かれるようでもあります。菅野の作品はストイックであるがゆえに、小さな画面から無限の広がりへとイメージは膨らんでいきます。さらに近年は、均一だった背景がより重要な要素としてどこまでも続く迷宮のように描かれ、不可思議な存在感がより際立ってきました。

    今回の新作では様々なマグカップが登場します。制限ある生活が続いた去年から菅野は友人たちにそれぞれが日々使っているマグカップの画像を送ってもらい、一つ一つ丁寧に観察し描き始めました。実際の手元にはないマグカップを描く行為は、会えない友人たちを思い、静かな会話を重ねることとなり、画面からはマグカップを通して多くのにぎやかな声が聞こえてきそうです。

    今回ギャルリー東京ユマニテでは2年ぶりの新作となり、油彩10数点を発表いたします。身近にある何気ない器だけをモチーフに様々な思いが広がる菅野の世界。今回もお見逃しなく是非ご高覧下さい。
    <作家コメント>
    会いたい人にもなかなか会えない日々が続いたので、友人たちの器を描いてみたくなった。ありがたいことにすぐにたくさんのマグの画像が届けられ、そのおかげでとても楽しい制作生活を送ることができた。
    空中を漂う、逃れられない圧としての世の中の変質の予兆は、自室にこもっていても痛いほど感じられる。これまで自らが規定してきた枠から少なからず外れる絵となったのは偶然ではない。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。