鍵 豪  蒸発と結晶のエチュード

「 蒸発と結晶のエチュード -原野-  #1」(photography, giclee print on Japanese paper)

「 蒸発と結晶のエチュード -原野- #1」(photography, giclee print on Japanese paper)

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210903日 -  20211010
開催時間
12時00分 - 18時00分
休み
月曜日,火曜日,水曜日
尚、9月20日〜29日はアートフェアアジア福岡出展のため、休廊となります。
入場料
無料
作品の販売有無
販売有
この情報のお問合せ
Gallery OUT OF PLACE
情報提供者/投稿者
開催場所
Gallery OUT of PLACE
住所
〒630-8243 奈良県
奈良市今辻子町32-2
最寄り駅
奈良
電話番号
0742-26-1001

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

6年間の沈黙を破り鍵豪が新作(異なる2つのシリーズ)を発表します。

鍵は、2015年奈良市学園前で開催されたアートイベントへの参加を最後に忽然と関係者の前から姿を消し、長く音信が途絶えたままになっていました。
しかしメンタルヘルスのバランスを崩し他人との接触が思うようにできなくなっていた中においても、作家は毎日のように近郊の森や林に出かけ、その日フィルム1本を使い切るまで地を這い魂が磨耗するほどに彷徨いシャッターを押し続けていたとのことです。気づけばいつしか大量の未現像のフィルムが自宅に積み上がっていました。(鍵は現在も中型フィルムカメラを使用しています)
その後、その大量のフィルムを現像し、写された風景と意図せず写ってしまった「何か」を丹念に見直す作業を通して、鍵は作家活動を再開するモチベーションを見出し、心身の健康を取り戻していったと言います。この野外を彷徨いながら撮影されたものから抽出し結晶化したものを、「蒸発と結晶のエチュード -原野- 」として今回発表することになりました。

もう一つのシリーズは「蒸発と結晶のエチュード -器- 」と名付けられたもので、「原野」のシリーズが野外で撮影されたのとは対照的に、こちらは完全に屋内で制作されたものです。
ある知人からの依頼で始めたガラス器のポートレートは、撮影を重ねるごとに、全く別の意図やコンセプトが作家の内面に沸き起こったと言います。目の前に存在する透明の器たちは、美しくも軽く卑小で壊れやすく、いずれは消失するはかない存在。それは同時に、生きとし生けるものたちが今そこで息づく「地球」という惑星そのものと等価ではないか、という気づきです。
よく見ると撮影されたガラスやプラスチックの器には、少量の水や液体が入っています。水はいずれ蒸発し、器は空っぽになります。しかし言い換えれば蒸発とは、液体に溶けていた物質が器の中で結晶化し痕跡を残す過程であるとも言えるでしょう。果たして鍵が写す器は、肉体と精神のフォルムを連想させ、地球環境のはかなさを示唆しているのかもしれません。。

どうかこの機に、鍵豪による6年ぶりの2つの新作をご高覧ください。

After six years of silence, Takeshi KAGI will present new works (two different series).

After participating in an art event in Nara in 2015, he suddenly disappeared from the public eye and was not heard from again for a long time.
However, despite his mental health problems and the inability to make contact with others, the artist continued to go out into the woods of the suburbs every day, crawling on the ground until he had used up all the film he had left that day, wandering and pressing the shutter until his soul diffused. Through the process of developing these films and carefully reviewing both the landscapes captured and the "something" that had been unintentionally captured, he found the motivation to resume his art practice and regained his physical and mental health. This series of photographs taken while wandering in the open air has been extracted and crystallised into “Study for Evaporation / Crystallisation - Wilderness”.

The other series, called "Study for Evaporation / Crystallisation - Vessels", was made entirely indoors, in contrast to the "Wilderness" series, which was shot outdoors.
The portraits of glassware started as a commission from a friend, but as the photographs were taken, a completely different intention and concept arose within the artist. The transparent vessels that exist in front of us are beautiful, but light, small, fragile and fleeting, and will eventually disappear. At the same time, the artist realized that they are equivalent to the planet Earth itself, where all living things are now standing.
If you look closely, you can see that the glass and plastic vessels that were photographed contain a small amount of water or liquid. The water will eventually evaporate and the vessel will be empty. Evaporation, however, can be seen as the process by which substances dissolved in the liquid crystallise and leave traces in the vessel, and perhaps the vessel is reminiscent of the form of the human body or mind and may suggest the transience of the earth's environment.

We hope you will take the opportunity to see these two new works by Takeshi KAGI, his first in six years.

関連イベント

レセプションパーティ:9月4日(土)18:00~19:30 
作家が在廊します。ぜひご来場ください。入場無料
コロナウィルス感染防止を考慮し飲食の提供はございません。
入場にあたってはマスク着用、手指の消毒をお願い申し上げます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。