藝大コレクション展2021 II期 東京美術学校の図案―大戦前の卒業制作を中心に

狩野芳崖《加州家蔵能装束模様》1887(明治20)年

狩野芳崖《加州家蔵能装束模様》1887(明治20)年

openstatus
あと6日後に終了
    • 印刷する
    • present
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20210831日 -  20210926
    開催時間
    10時00分 - 17時00分
    ※入館は閉館の 30分前まで
    休み
    月曜日
    9月21日(火)※ただし9月20日(月・祝)は開館
    入場料
    有料
    一般440円(330円)、大学生110(60円)
    ※高校生以下及び18歳未満は無料 ※( )は20名以上の団体料金 ※団体観覧者20名につき1名の引率者は無料 ※障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
    この情報のお問合せ
    東京藝術大学大学美術館
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    東京藝術大学大学美術館
    住所
    〒110-8714 東京都
    台東区上野公園12-8
    最寄り駅
    上野
    電話番号
    050-5541-8600(ハローダイヤル)

    詳細

    展覧会内容

    藝大コレクション展2021 II期 東京美術学校の図案 大戦前の卒業制作を中心に」を開催いたします。
    東京藝術大学のコレクションの核となるのは、教材として収集された古美術作品と教育成果の記録である学生制作品で、いずれも日本近現代美術史において重要な作品・資料です。
    コレクション展II期では、東京美術学校の図案科(現在のデザイン科、建築科の前身)の学生による卒業制作を特集します。今回展示する作品の多くは、大学美術館の開館以降では初めて展示するものであり、日本画や油画とは異なる造形表現を持つ図案科作品の知られざる一面に注目します。
    本展では、図案科の卒業制作を中心に、重要文化財の尾形光琳《槇楓図屏風》、能装束の図案など日本古来の図案要素から近年の卒業制作にいたるまで、本学のコレクションを「図案」「デザイン」という視点からご紹介します。

    〔見どころ1 東京美術学校の図案科・工芸科の作品を大公開〕
    東京藝術大学の前身、東京美術学校では1889(明治22)年の開校以降、教育の一環として図案教育すなわちデザイン教育が行われてきました。1896(明治29)年には図案科が正式に設置され、優れたデザイナーを世に輩出してきました。
    なかでも、大正年間から昭和初期にかけて制作された図案科の卒業制作には、従来の「図案」の概念とは異なる、絵画的な作品が多数登場します。ときに表現主義的、幻想的、さらにはキュビスムや未来派の要素をも感じさせる造形表現をお楽しみください。

    〔見どころ2 日本美術にみる図案・デザイン〕
    東京藝術大学が所蔵する作品の中から、日本美術における図案・デザイン要素を掘り起こします。デザイン的といえる日本美術の代表格には、琳派の作品が挙げられます。図案的に解釈された草木などの情緒豊かで装飾的な意匠は、本展出品の尾形光琳《槇楓図屏風》(重要文化財)や池田孤邨《四季草花図》に見られます。
    狩野芳崖による《加州家蔵能装束模様》は、東京美術学校創設時に、図案教育を目的として、芳崖自ら前田家旧蔵の能装束の文様を描き留めたものです。

    〔特集 近年の卒業制作や現代の工芸を特集展示〕
    近年の東京藝術大学の卒業制作では、伝統的な技法やモティーフを受け継ぎながら、時代に合わせた新しい感覚を取り入れた作品が毎年生み出されています。例えば、古い記憶の残る土地や建物のリノベーション計画を提案する建築科の卒業制作(沼田祐子《風景の転換》2012(平成24)年3月卒業)や、ビッグファイブ理論から求めた人格データから花像をデザインし、伝統的な友禅染で染め上げた工芸科の卒業制作(曾斯琴《人間花像》2021(令和3)年3月修了)などを中心に、2000年代以降の卒業制作をご紹介します。 また、平松保城の作品をはじめ現代の工芸作品にみられるデザインを特集展示します。

    主催・協賛・後援

    主催:東京藝術大学
    助成:藝大フレンズ賛助金

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。