細見古香庵生誕120年記念 美の境地

重要文化財 金銅春日神鹿御正体 南北朝時代

重要文化財 金銅春日神鹿御正体 南北朝時代

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210824日 -  20211017
開催時間
10時00分 - 17時00分
入館は16時30分まで
休み
月曜日
祝日の場合、翌火曜日
入場料
有料
入館料一般1,300円、学生1,000円
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
子連れ
この情報のお問合せ
細見美術館
情報提供者/投稿者
開催場所
細見美術館
住所
〒606-8342 京都府
京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
最寄り駅
東山
電話番号
075-752-5555

詳細

展覧会内容

毛織物業で財を成し、細見コレクションの礎を築いた初代細見古香庵こと細見良(1901-1979)。
 熱き想いをもって蒐集した美術品は宗教絵画や和鏡・密教法具などの金工品、茶の湯釜、根来、七宝、土器などと多岐にわたります。古香庵はこうした蒐集品を茶会やもてなしの場で活用し、独自の境地を展開してきました。その精神は二代古香庵や当館の展示スタイルにも大きな影響を与えています。
 本展では初代の生誕120年を記念して、「世界最高の美術品は日本の藤原時代の仏画である」という信念のもとで出会った平安時代の「重要文化財愛染明王像」などの仏教絵画や、強い憧れを抱いていた豊臣秀吉を描く「重要文化財 豊公吉野花見図屛風」、研究にもいそしんだ茶の湯釜など、興味の赴くまま、己の美意識を信じて、生涯をかけて追い求めた蒐集品を厳選して紹介します。

主催・協賛・後援

主催:細見美術館、京都新聞

新型コロナウイルス感染症予防対策

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご入館および施設のご利用にあたって はマスクをご着用ください。また、急激な状況の変化により、止むを得ず会期・ 営業日時等を変更する場合があります。詳しくはホームページをご覧ください。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。