小谷 くるみ / 砂から星へ

新作 参考図版, 2021 年

新作 参考図版, 2021 年

    タグ
    • 印刷する
    • add calendar
    会 期
    20210717日 -  20210821
    開催時間
    13時00分 - 19時00分
    休み
    日曜日,祝日
    8月13日~15日
    入場料
    無料
    作品の販売有無
    販売有
    この情報のお問合せ
    ギャラリーノマル
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    Gallery Nomart
    住所
    〒536-0022 大阪府
    大阪市城東区3-5-22
    最寄り駅
    鴫野
    電話番号
    -

    詳細

    参加クリエイター

    展覧会内容

    今最注目の若手作家小谷くるみ、ギャラリーノマルでの初個展
    既存シリーズの新作に加え、挑戦的な複数の新シリーズを発表

    昨年春に開催した関西在住の気鋭若手作家4 名によるグループ展「U30 - Whom do you suspect?」。その出展作家から、今春「ユニーク」を開催した山田千尋に続き、小谷くるみがノマルでの初個展を開催いたします。
    小谷は京都造形芸術大学油画コース卒業後、同学大学院芸術専攻を終了。同時に、その独創的な作風は注目を集め、数々の展覧会やアートフェアなどで作品を発表。今最も新作を期待される若手作家の一人となっています。
    小谷はこれまで一貫して、存在の痕跡と気配をテーマに絵画作品を発表してきました。かつてそこに存在していたが今は目に見えないものや、時間によって変わっていく物質の姿を画面に留めた作風は、観る者に様々なイメージを掻き立てています。

    積もる時間と巡る因果から見えるもの

    今展では、小谷の代表作であり、結露した窓をイメージした「21g」、支持体に染み付いた錆を痕跡の象徴として使用する「時間・痕跡〈錆〉」という既存2シリーズの新作に加え、いずれも作家初となる銅版画を使用した作品やインスタレーション作品など、多様な手法を用いた挑戦的な新作が一堂に展示されます。
    これらの作品群を貫く今展のタイトルを、小谷は「砂から星へ」と名付けました。宇宙空間のようなマクロな時間の流れさえも、足元の一粒の砂のようなミクロな痕跡として息づいているー。小谷は今展において、悠久の中での物質の変容と生命の因果に迫ることで、自身の芸術家としての根源を探り、提示しようと試みています。
    既に高い注目を集めながらも、さらに表現の幅を広げ作家として飛躍する小谷くるみの新作展、ぜひご高覧ください。

    砂から星へ - 小谷くるみ

    宇宙は“私” から遠すぎた。
    足元にふと目線を落とす。砂を蹴散らすと土が剥き出しになり、
    砂埃で目鼻に不快感を覚える。 こっちの方がよっぽど実感がある。
    さらに深く意識を向けると、ヒトの歴史が、古代の生物の姿が、
    地層や痕跡となって、膨大な時間の堆積として足元に広がっている。
    そのまた先、最初の生命が現れた時、地球が誕生した時へ潜っていく。
    そうして地球の始まりに辿り着いた時、私の前には宇宙が広がり、
    そこに沢山の光り輝く星を見た。

    関連イベント

    Closing Live “砂から星へ”
    2021年8月8日(日) open 18:00 / start 18:30 -
    料金: ¥2,000. *予約制
    出演: 落穂の雨 ochibo no ame
       [ 川島誠 makoto kawashima(altosax), ルイス稲毛 inage louis(bass),
       山㟁直人 naoto yamagish(i drums,percussion) ]
       sara(.es / piano)

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。