特別展「Human and Animal 土に吹き込まれた命 21世紀陶芸の最先端」

human and animal.jpg
openstatus
あと90日後に終了
    • 印刷する
    • add calendar
    • clip-off
    会 期
    20210629日 -  20211219
    開催時間
    9時30分 - 17時00分
    入館時間は16:30まで
    休み
    月曜日
    休館日:毎週月曜日(8月9日・9月20日は開館し、翌日振替休館)
    会期途中に一部展示入替あり
    Part1/子どもたちとともに:2021年6月29日(火)~9月5日(日)
    Part2/アーティストたちに迫る:2021年9月18日(土)~12月19日(日)
    入場料
    有料
    一般750円(600円)、高大生560円(450円)、中学生以下は無料 ※( )内は20人以上の団体料金
    この情報のお問合せ
    滋賀県立陶芸の森  電話番号:0748-83-0909
    イベントURL
    情報提供者/投稿者
    開催場所
    滋賀県立陶芸の森
    住所
    〒529-1804 滋賀県
    甲賀市信楽町勅旨2188-7
    最寄り駅
    信楽高原鐵道「信楽駅」
    電話番号
    0748-83-0909

    詳細

    展覧会内容

    近年ますますアートとデザイン、陶芸と彫刻といった領域の境界線が曖昧さを増してきています。それは日本だけでなく海外でも、土をあらためて造形の素材として捉えられることで、土のさまざまな可能性が見いだされているのです。そこには、陶芸の素材ならではの土の可塑性や焼成方法はもとより、自然と人間との関わりなど、さまざまな現代の要素が浮き彫りにされています。
    人や動物は原初からのモチーフですが、彼らは土の特徴を生かしつつ、スピード感や躍動感、リアリティ溢れる個性的な表現で、人間の心理や動物の本能を探りながら心に浮かんだ形を表現し、命を吹き込んでいます。
    この展覧会では、土と対話しながら生み出される土のアートの最先端を、日本やアメリカ、ヨーロッパの、今、注目される5人のアーティストたちによる人や動物をテーマにした作品を通して紹介します。

    関連イベント

    ギャラリー・トーク(学芸員による展示解説)
    8月11日(水)、9月23日(木・祝)、11月23日(火・祝) 各日とも13:30から

    主催・協賛・後援

    滋賀県立陶芸の森、京都新聞社

    新型コロナウイルス感染症予防対策

    ・マスクを着用されていない方、発熱・咳などの風邪の症状がある方は、来園をご遠慮ください。
    ・屋内外問わず、できるだけ他の人と一定の距離(1~2m程度)を保っていただくようお願いします。
    ・各館の入館時には、入口に手指消毒用アルコールを設置していますので、必ずご利用ください。また、非接触型体温計で検温をお願いする場合があります。
    ・展覧会を観覧される場合は、感染者が発生した場合に速やかに連絡が取れるよう、入館時に連絡先の記入をお願いします(氏名、居住市町村、電話番号、予定滞在時間)。

    平均:0.0 
    レビューした人:0 人

    近くの展覧会

    人気の展覧会

    <<        >>

    クリップした展覧会はありません。