“気”を描く 特集・鈴木竹柏

  • 印刷する
  • add calendar
会 期
20210626日 -  20210905
開催時間
10時00分 - 18時00分
金曜日のみ20:00まで(入館はいずれも閉館30分前まで)
休み
月曜日(但し、8月9日は開館し翌日休館) ※会期中の休館日:6/28、7/5・12・19・26、8/2・10・16・23・30
クリエイター在廊
展覧会の撮影
不可
作品の販売有無
展示のみ
子連れ
可 (小さいお子さまは、お手をつないでください。)
この情報のお問合せ
高崎市タワー美術館 027-330-3773
情報提供者/投稿者
開催場所
高崎市タワー美術館
住所
〒370-0841 群馬県
高崎市栄町3番23号 高崎タワー21
最寄り駅
高崎
電話番号
027-330-3773

詳細

参加クリエイター

展覧会内容

鈴木竹柏(1918~2020)は、大正7年、神奈川県逗子市に生まれ、19歳で日本画家・中村岳陵に師事、その内弟子となって師と起居を共にしながら、日本画の技術と画家としての姿勢、身近な自然に美しさを見つける感性を学びました。師が所属した日展に出品し、日展の気鋭作家らが結成した一采社や始玄会等にも参画し、多くの画家と交流しながら研鑽を積み、現代日本画界を牽引する画家のひとりとして、令和2年に没するまで精力的に作品を発表し続けました。3階展示室では、妙義山を描いた日展出品作《煌》をはじめ、風景に内在する“気”をとらえ表現した作品19点を特集して展示します。
鈴木竹柏が希求した“気”は“気韻生動”に帰結し、自然が放つ不可視の存在感をいいます。本展覧会では、特集展示のほか、風景画および花鳥画等の収蔵作品を展示し、また、新しく収蔵された書や浮世絵もあわせて紹介します。

関連イベント

現在、予定しておりません

主催・協賛・後援

主催:高崎市タワー美術館

新型コロナウイルス感染症予防対策

新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、入館に際しましては、以下のご協力をお願い致します。

・健康状態申告書の記入、提出をお願いしております。
【健康状態申告書(http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014021900025/files/sinnkoku.pdf)は受付でお書きいただけますが、こちらからプリントし、記入してお持ちいただけるとよりスムーズです。】
・検温、手指消毒にご協力ください。
・美術館内では、マスク等の着用をお願いします。
・発熱(37.5℃以上)や咳・咽頭痛などの症状のある方、体調に不安のある方は入館をご遠慮ください。
・入場制限を行うことがありますので、ご承知おきください。
・10名以上のグループでの入館は、人数と時間を調整させていただきます。

平均:0.0 
レビューした人:0 人

近くの展覧会

人気の展覧会

<<        >>

クリップした展覧会はありません。